ソニー「PlayStation Network」等に、不正サインインの痕跡……約93,000アカウントが不正に試される | RBB TODAY

ソニー「PlayStation Network」等に、不正サインインの痕跡……約93,000アカウントが不正に試される

ブロードバンド セキュリティ

「PlayStation Network」(プレイステーションオフィシャルサイト)
  • 「PlayStation Network」(プレイステーションオフィシャルサイト)
  • 「Sony Entertainment Network」サイト(画像)
  • 「Sony Online Entertainment LLC」サイト(画像)
 ソニーとソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)は12日、同社が運営するネットワークサービスにおいて、第三者の“なりすまし”による不正サインインが試行されたとして、概要を発表した。

 「PlayStation Network(PSN)」「Sony Entertainment Network(SEN)」、およびSony Online Entertainment LLC(SOE)のサービスにおいて、米国太平洋夏時間10月7日から10日にかけて、ユーザーアカウントへの第三者の“なりすまし”が行われ、サインインが試行されたとのこと。今回“なりすまし”に試行されたアカウントのうち、約93,000アカウント(PSN/SEN:約60,000 SOE:約33,000)が登録済みの有効アカウントと一致したという。

 一致したアカウントについては利用を一時停止し、一時停止前に不正にサインインが実行された可能性のあるアカウントは、ごく一部とのこと。不正なサインインが試されたアカウントのユーザにはEメールを送り、パスワード変更を促すとしている。これらのアカウントの入手手段について同社では、他社のサービスのユーザーID/パスワードの情報を流用したものと推測している。また同社はすでに対策を講じており、サーバへの不正侵入、クレジットカード情報の漏えいなどはないとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top