【CEATEC 2011(Vol.19)】京セラ、リアルなクリック感を与える「新感覚タッチパネル」 | RBB TODAY

【CEATEC 2011(Vol.19)】京セラ、リアルなクリック感を与える「新感覚タッチパネル」

エンタープライズ その他

京セラブース
  • 京セラブース
  • 3段階に押し込まれる感覚を味わうことができる
  • タッチパネルに振動素子が取り付けられている
  • 仕組み
 KDDIブースでデモされていた「新感覚スマートフォン」は、京セラとの共同開発製品だ。

 京セラのブースでも「新感覚タッチパネル」として参考出品されている。KDDIのデモとは違い、パネルはスマートフォンに収められていないが、同様の不思議な感覚を体験することができる。

 タッチパネルに振動素子を取り付けることで、リアルなクリック触感、アイコンの存在感、押し込みによる新感覚、アプリケーションに合わせた触感変化などを実現する。デモされていたのは、1段階~3段階までの押し込みを体験できるもの。何もない液晶画面にまるでボタンがあるかのような感覚を味わうことができる。

《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top