「赤ちゃんのおしりかぶれ」に悩むママは7割、かぶれ防止の効果的な方法は? | RBB TODAY

「赤ちゃんのおしりかぶれ」に悩むママは7割、かぶれ防止の効果的な方法は?

エンタメ 調査

赤ちゃんのおしりをふくことに関する悩みは何ですか?
  • 赤ちゃんのおしりをふくことに関する悩みは何ですか?
  • 赤ちゃんのおしりふきを選ぶポイントは何ですか?
  • 水99.9%ふんわりおしりふき
  • 水99.9%おしりふき厚手
  • 「水 99.9%」シリーズのTVCMに出演している辻希美さん
 レックは、0~2歳の子供がいる20~39歳主婦500名に対して「赤ちゃんのおしりふきに関する意識調査」を実施した。

 調査ではまず、「赤ちゃんのおしりをふくことについて悩みはありますか?」と質問したところ、80%と8割が「ある」と回答。具体的な悩みの内容としては、「赤ちゃんのおしりかぶれが心配」が50%となり1位。続いて「ふいた後におしりが清潔になっているかが心配」(47%)、「ふく回数が多くて大変」(24%)と続いた。

 さらに「これまでに赤ちゃんのおしりがかぶれてしまったことはありますか?」という質問に対しては、68%と7割が「ある」と回答。また、かぶれてしまった回数の平均は「3.4回」だった。

実際におしりがかぶれてしまった場合の対処方法としては、「皮膚科に行き、塗り薬を処方してもらった」「毎回、『おしりふき』でふいた後にドライヤーやタオルで湿気をとった」などの回答があった。

 次に、「赤ちゃんのおしりがかぶれないために大切だと思うことは何ですか?」という質問をしたところ、最も多かったのは「自分の赤ちゃんにあった『おしりふき』を選ぶ」で61%。2位以下は「赤ちゃんのおしりを丁寧にふく」(59%)、「赤ちゃんのおしりをふく回数を減らす」(17%)だった。

 そこで、「『赤ちゃんのおしりふき』を選ぶポイント」について聞いたところ、「刺激の少ない成分を使っている」(66%)がトップ。そして、「値段が安い」(63%)、「水分が多い」(45%)、「厚手である」(36%)、「ケースから取り出しやすい」(24%)と続いた。『おしりふき』の成分に関する項目が上位となり、「赤ちゃんのおしりかぶれ」を気にしていることが分かった。

 赤ちゃんのお肌の厚さは大人のおよそ半分で、肌に直接触れるおしりふきは、限りなく純水に近いものがいいとされている。レックが発売している「水99.9% 赤ちゃんにやさしいおしりふき」シリーズは、シートに含まれている成分の99.9%が純水という限りなく水に近い成分が特徴。PG・パラベン・アルコール・香料は使用せず、水分を多く含ませたシートで、汚れのふき取りやすさにも配慮したという。

 ラインナップは「水99.9%ふんわりおしりふき」(80枚)、「水99.9%おしりふき厚手」(60枚)、「水99.9%流せるおしりふき」(60枚)、「水99.9%手・口ふき」(80枚)の4種。

 10月3日から全国で放送開始となる「水 99.9%」シリーズのTVCMには、辻希美さんが登場。赤ちゃんを抱いているシーンでは、母親としての辻さんの印象的な表情を見ることができる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top