「ゲームで日常のストレスを忘れたい」……ビジネスマンの63% | RBB TODAY

「ゲームで日常のストレスを忘れたい」……ビジネスマンの63%

エンタメ 調査

久しぶりにゲームに思いきりハマってみたいと思いますか?
  • 久しぶりにゲームに思いきりハマってみたいと思いますか?
  • 『DARK SOULS(ダークソウル)』画面
  • あなたが最もよくゲームをプレイしていた時期はいつですか?
 フロム・ソフトウェアは22日、ビジネスマンを対象に「ゲーム」に関する意識調査を実施した結果を公表した。調査期間は9月8日~9月12日で、20~30代の有職者男性500名から回答を得た。

 この調査は、同社の人気作『Demon's Souls(デモンズソウル)』のスタッフが手掛けたPlayStation 3(PS3)専用ソフトウェア『DARK SOULS(ダークソウル)』の発売にともない行われたもの。まず、「あなたはゲームが好きですか?」と聞いたところ、76%とほとんどの男性が「好き」と回答。また、「時間を忘れてゲームに夢中になった経験がありますか?」という質問には、85%が「ある」と回答している。ちなみに、「最大で連続何時間ゲームをしたことがあるか」については、平均で「9時間」という結果になったが、なかには「50時間」と2日間以上連続でゲームをプレイし続けたというツワモノもいた。

 ただし、「あなたが最もよくゲームをプレイしていた時期はいつですか?」という質問については、「大学・専門学校生」(28%)、「中学生」(19%)、「高校生」(18%)、「小学校高学年」(17%)などが多い結果となっており、学生の時に比べてゲームをしなくなったというビジネスマンが大多数となった。

 そこでビジネスマンたちに、「久しぶりにゲームに思いきりハマってみたいと思いますか?」と聞いたところ、62%と過半数の男性が「思う」と回答。また、「ゲームにハマって、日常のストレスなどを忘れてみたいと思いますか?」という質問にも、63%が「思う」と回答した。またゲームのレベルについては、72%が「手応えがあるほど熱中して燃える」と回答。難易度が低く、簡単にクリアできてしまうものよりも、手応えを感じながら熱中したいと考える男性が多いようだ。

 同社の新作『DARK SOULS(ダークソウル)』は、ダンジョン探索の緊張感、敵と遭遇した時の恐怖、新しい発見のよろこびなど、RPGが本来持つ根本的な面白さや達成感に強くこだわったゲームとのこと。同作は本日22日より販売開始。価格は7,800円(税込)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top