ドコモ、初代プレステが遊べる「Xperia PLAY SO-01D」を10〜11月に発売! | RBB TODAY

ドコモ、初代プレステが遊べる「Xperia PLAY SO-01D」を10〜11月に発売!

IT・デジタル モバイル

XperiaTM PLAY SO-01D
  • XperiaTM PLAY SO-01D
  • XperiaTM PLAY SO-01D
  • XperiaTM PLAY SO-01D
  • Xperia Play
  • Xperia PLAY
  • Xperia PLAY。スライド部を閉じた状態では通常のスマートフォンと大差ない
  • スライド部を開くと、PSP goにも似たゲーム用コントローラーが登場
  • Xperia Play
 NTTドコモは14日、ゲームキーパッドを搭載し、初代「プレイステーション」などのゲームが遊べるスマートフォン「XperiaTM PLAY SO-01D」(ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ製)を開発に、10月から11月に発売することを明らかにした。

 Xperia PLAY SO-01Dはソニー・コンピュータエンタテインメントのライセンスプログラム「PlayStation Certified」に対応、SCEのPlayStation Storeより初代「プレイステーション」などの名作ゲームをダウンロードすることが可能。また、Androidマーケットや各ゲーム会社の独自サイトから、Xperia PLAY用に最適設計された大容量・高精彩なゲームを入手できる。

 ゲームの操作に重要なタッチパッドには、△○×□ボタンを装備、快適な操作を可能にするゲームキーパッドとした。また、ボタンの押し感やタッチパッドの感度なども入念なチューニングが施されているという。グラフィックエンジンにはAdreno 205 GPUを搭載、高性能なグラフィック描写が可能としている。

 また、「Xperia PLAY Game Launcher」を搭載し、ホーム画面にはゲーム関連ウィジェットやアイコンをまとめて表示することで、各ゲームへの簡単なアクセスを実現した。通信はHSDPA/HSUPA対応で受信時最大14Mbpsの高速通信が可能。この他、4インチのフルワイドVGAディスプレイ、文字入力アシスト機能POBox Touch 4.3を搭載、Flash Player 10.3に対応する。10月中旬以降より、全国のドコモショップで事前予約の受付を開始する予定。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top