マイクロソフト、開発者向けに「Windows 8」をプレビュー公開 | RBB TODAY

マイクロソフト、開発者向けに「Windows 8」をプレビュー公開

エンタープライズ マイクロソフト

Windows 8のスタートスクリーン
  • Windows 8のスタートスクリーン
  • ファイル選択画面
  • Internet Explorer 10
  • 「Thumb Keyboard」(親指キーボード)と呼ばれる入力方式
 米マイクロソフト コーポレーションは米国時間13日、開発者を対象として開催している「BUILDカンファレンス」において、「Windows 8」の詳細なプレビューを公開した。

 Windows 8では、タッチ操作のために設計された「Metro」と呼ばれるインターフェイスが新たに導入された。シンプルさや使いやすさを重視するとともに、マウスやキーボードによる操作とも親和性があるものとなっている。「Internet Explorer 10」もタッチ ブラウジングを前提とした操作になっている。アプリケーションも、Windows 8向けにMetroスタイルで設計されており、余分な情報を除いた全画面表示を行うものとなっている。

 またWindows 8では、アプリケーションは相互に情報を連携可能となっている。たとえばFacebook、Flickr、自分のハードドライブといった複数の場所から、写真を選んでメール送信するといったことが、より簡単に行えるようになっている。また作成したコンテンツは、クラウドサービスをLiveサービスがローミングするため、つねに自動同期され、各デバイスで最新の状態に保たれるとのこと。さらにSkyDriveを利用することで、どんなデバイス、どんなブラウザーからでもコンテンツにアクセス可能となる。

 Windows 8では、Windows 7からメモリ管理も進化し、エントリーモデルのハードウェアであっても、アプリケーションのための領域を多く活用できる。パワーユーザー向けには、さらに強化されたタスク マネージャとエクスプローラー、マルチ モニター環境用の新しく柔軟な設定オプションを提供する。またWindows 8より、アプリケーションの販売にマーケットプレイス「Windows Store」が提供される。

 ARMベースのチップセット、x86(32ビットおよび64ビット)デバイス、次世代SoC、タッチ操作、センサーなどに対応しており、10インチのタブレットPCやノートPCから27インチの高解像度画面を備えたオールインワンPCまで、多種多様なデバイスでスムーズに動作する。またWindows 8では最新の超薄型PCやタブレットPCが一瞬で起動し、一回の充電で一日中動作し、インターネットに常時接続できる仕組みが用意されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top