【IDF 2011(Vol.1)】日本時間14日未明より開幕、急ピッチで会場準備進む | RBB TODAY

【IDF 2011(Vol.1)】日本時間14日未明より開幕、急ピッチで会場準備進む

エンタープライズ ハードウェア

IDFの会場となるMoscone Center(Westホール)
  • IDFの会場となるMoscone Center(Westホール)
  • 開幕に向け最終準備が進む
 米Intelは、サンフランシスコのコンベンションセンター・Moscone Centerにて、現地時間13日(日本時間14日未明)より「Intel Developer Forum(IDF) 2011 in San Francisco」を開催する。

 IDFは、毎年2回程度の頻度で開催されているIntelの開発者向けカンファレンスイベントで、そのうち1回は、同社の本社に近いサンフランシスコでの開催が通例となっている。会場のMoscone CenterはシリコンバレーのIT企業が頻繁にイベント会場として使用する施設で、Appleの新製品発表などが行われることでも有名。

 会期は3日間で、各日とも午前中にはCEOのPaul Otellini氏、PC・クライアント部門のMooly Eden氏、同社およびIntel LabsのCTO・Justin Rattner氏による基調講演が行われる。Intelのビジネスの最新動向と戦略、プロセッサを中心とする製品ロードマップのアップデート情報、新技術の研究成果などが発表されるものと見込まれる。

 現地時間12日時点では会場はまだ準備中だが、Moscone Center周辺ではIntel関係者と見られるビジネスパーソンやエンジニアの姿が多く見られ、早くも開幕に向けた盛り上がりが感じられる。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top