Huawei、LTE TDD試験ネットワーク立ち上げに成功……ユニバーシアード 深セン大会でサービス提供 | RBB TODAY

Huawei、LTE TDD試験ネットワーク立ち上げに成功……ユニバーシアード 深セン大会でサービス提供

ブロードバンド 回線・サービス

Huawei LTEモデム E398
  • Huawei LTEモデム E398
  • ユニバーシアード深玔大会ロゴ
 Huawei(ファーウェイ)は、中国深センでChina Mobile(チャイナ・モバイル)向けのLTE TDD(時分割双方向伝送)試験ネットワークの立ち上げに成功、このネットワークを単独で運用し、2011年夏季ユニバーシアード深圳大会のメインスタジアムと周辺地域にサービスを提供する。

 同社のWiMAX/TDS/LTEネットワーク担当プレジデント、Deng Taihua(トウ・タイファ)氏は「チャイナ・モバイルの協業による成功は、上海万博と広州アジア大会に続き、深センのLTE TDD試験ネットワークで3度目となる。モバイル・ブロードバンド発展のカギを握るLTE TDDネットワークの高性能なパフォーマンスをユニバーシアードで実証できれば、業界全体の活性化につながる」とコメント。

 Huaweiは今回の実験でLTE TDD/FDD(周波数分割双方向伝送)デュアルモード対応USB型データ通信カード「E398」を含む、エンド・ツー・エンドのソリューションをチャイナ・モバイルに提供。また、通信機器メーカーとしては初めてLTE TDDの運用テストを完了させ、110か所においてネットワークを構築した。テストでは、雨天でも下り通信速度が60~70Mb/sという安定性を保ち、高速通信や低遅延といった技術的優位性を明らかにした。また、24回線を束ねてハイビジョン動画の同時伝送する試験でも、乱れのない鮮明な画質を実現したという。

 今回構築した試験ネットワークでは、深センのユニバーシアードセンターすべてのスタジアムと深圳湾スポーツセンターの屋内競技場を網羅。ハイビジョンのビデオ会議、ハイビジョン監視カメラ、撮った画像をその場で送れるサービス等、各種モバイルブロードバンド・サービスを提供する予定だ。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top