RIM、BlackBerry Curve 3機種を発表……NFCのサポートやHTML5に最適化 | RBB TODAY

RIM、BlackBerry Curve 3機種を発表……NFCのサポートやHTML5に最適化

IT・デジタル モバイル

RIM BlackBerry Curve 9350/9360/9370
  • RIM BlackBerry Curve 9350/9360/9370
  • RIM BlackBerry Curve 9350/9360/9370
  • RIM BlackBerry Curve 9350/9360/9370
  • RIM BlackBerry Curve 9350/9360/9370
 カナダResearch in Motion(RIM)は23日、普及モデル「BlackBerry Curve」の新型3機種を発表した。端末名は「BlackBerry Curve9350」「同9360」「同9370」。QWERTY配列キーボードを搭載したストレート端末で、新開発の「BlackBerry 7 OS」を採用、「NFC(Near Field Communications)」をサポートするとともに、ブラウザのレンダリングエンジンにWebKitを採用しHTML5に最適化した。

 BlackBerry 7 OSはNFCのサポートのほか、ドキュメント編集機能の向上、クラウド環境に対応しセキュリティの強化をおこなった最新OS。液晶ディスプレイはのサイズは2.44インチの480 x 360ドット、ハードキーの他に光学式トラックパッドも装備。フラッシュメモリは512MBから1GBを内蔵し、microSDHCカードスロットを持ち最大32GBまで対応する。GPS、500万画素カメラ、Wi-Fiも装備し、NFCは周辺機器の利用や、ICタグ付きのポスター(Smart Poster)が読み取ることが可能だ。

 対応する通信方式によって型番が異なっており、筐体デザインや仕様の面で大きな違いはない。9350はCDMA/EVDO Rev.A、9360がGSM/HSPA、9370がGSM/CDMA/EVDO Rev.A。9350/9360は内蔵フラッシュメモリが512MBだが、9370のみ1GBとなる。
《RBB TODAY》

編集部のおすすめ記事

特集

page top