EMCジャパン、無償バックアップ環境診断サービスを開始……バックアップの無駄を「見える化」 | RBB TODAY

EMCジャパン、無償バックアップ環境診断サービスを開始……バックアップの無駄を「見える化」

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

データ重複除外アセスメントのレポート・サンプル
  • データ重複除外アセスメントのレポート・サンプル
  • 「無償バックアップ環境診断サービス」申し込みページ
 EMCジャパンは17日、企業のバックアップ環境で重複除外機能を使用した場合の効果を測定する「無償バックアップ環境診断サービス」の提供を開始した。

 「無償バックアップ環境診断サービス」は、従来のバックアップ時間との比較やバックアップ容量の削減可能なデータ量を数値化し、これまでのバックアップの無駄を「見える化」するサービス。既存環境を検証する「バックアップ・アセスメント」と、EMCの重複除外ソフトを使って除外率を検証する「データ重複除外アセスメント」の2種類のツールが用意されている。まずヒアリング・シートを使って、ユーザのバックアップ環境のヒアリングを行い、そのうえでアセスメント・ツールを決定し、最長1週間程度の実行期間でアセスメントを実施する。この診断サービスを行うことにより、これまで分かりにくかった重複除外技術が、実環境でどれぐらいの効果があるかを明確にできる。

 「バックアップ・アセスメント」のレポート内容は、バックアップ・ソフトウェアのバージョン、クライアント数、期間内のバックアップ・データ総容量、容量グラフレポート、バックアップ・ジョブ分析、バックアップ性能分析、容量分析など。「データ重複除外アセスメント」のレポート内容が、初回時の圧縮率、処理時間/2回目以降の平均圧縮率、平均処理時間、容量推移レポート、容量グラフレポートなど。アセスメントの申し込みは専用サイトから可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top