PCの平均利用年数は長期化傾向、デスクトップ4.6年・ポータブル4.1年……IDC調べ | RBB TODAY

PCの平均利用年数は長期化傾向、デスクトップ4.6年・ポータブル4.1年……IDC調べ

ブロードバンド その他

国内PC市場 ビジネスユーザー 平均利用年数
  • 国内PC市場 ビジネスユーザー 平均利用年数
 IDC Japanは3日、国内ビジネスPCに関するユーザー調査の分析結果を発表した。IDCでは2009年4月、2010年1月、2010年7月、2011年4月の4回にわたって、ビジネスPCユーザーの調査を継続的に行っており、今回の調査は2011年4月に実施されたもの。

 それによると、「PCの平均利用年数」が、デスクトップPCで4.6年、ポータブルPCで4.1年となった。これは、2年前に実施された2009年4月の調査と比べて、デスクトップPCは0.4年、ポータブルPCは0.5年、それぞれ延びたことになるという。

 また「Windows 7導入済み」企業の割合は23.2%と、前回調査(2010年7月)の9.7%を大きく上回った。各企業でのOS導入に向けての評価はスケジュール通り順調に進んでおり、IDCではユーザー調査の結果から、2011年年末のWindows 7導入率は約30%程度になると予測している。

 「ユーザー企業のPC製品に対する評価」は、全体の86.0%が「満足している」という結果となり、2010年の7月調査の85.4%と比較して0.6ポイント増加した。「PCベンダーに対する評価」では、2009年4月調査での不満足項目が2011年4月調査で改善したベンダーはNEC、富士通、東芝、デル、HPだった。

 PC製品に対する期待に関しての4回の調査結果では、いずれも「安価な製品の提供」が第1位だった。ただし2009年4月の調査では低価格を要望する割合が25.3%だったが、2011年4月の調査では18.0%まで減少している。価格を下げて欲しいという要求が依然高い一方、「長期間の製品保守対応」「省電力対応」「高性能な製品」などに期待する割合が上昇している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top