NTT、クラウドを別拠点に移転する「遠隔ライブマイグレーション」に成功 | RBB TODAY

NTT、クラウドを別拠点に移転する「遠隔ライブマイグレーション」に成功

ブロードバンド テクノロジー

任意の拠点間での遠隔ライブマイグレーション
  • 任意の拠点間での遠隔ライブマイグレーション
 日本電信電話(NTT)は2日、クラウド上のサービスを停止させずに異なる拠点のサーバへサービス機能を移行させる「遠隔ライブマイグレーション」に成功したことを発表した。

 この遠隔ライブマイグレーションは、米Nicira社の仮想ネットワーク制御技術とOpenvSwitch、KVM等のオープンな技術を用いて、専用のハードウェア機器を用いることなくNTTがシステム構築し実現した。研究では、NTT武蔵野研究開発センターおよびNTT厚木研究開発センターにあるデータセンターを利用し、クラウドコンピューティング環境を仮想ネットワークで接続しマイグレーションを行った。

 Nicira社は米国カリフォルニアに本社を置く、スタートアップ企業で、仮想ネットワーク制御技術に関して、世界最先端の技術を提供している。NTTの研究所では2010年10月より仮想ネットワークに関して、Nicira社と共同で実験を行っている。

 今回の成功により、クラウドサービス提供事業者がデータセンターに専用のネットワーク機器を用意しなくても、専用のソフトウェアをサーバ機器へインストールするだけで任意の拠点間でライブマイグレーションが実現可能となる見込み。災害や過負荷発生時などの際に、迅速にDR(Disaster Recovery:災害復旧)サイトへ運用を切り替えて、サービスを継続することも可能となる。

 NTTの研究所では、今回の遠隔ライブマイグレーションの実験成功を踏まえ、DaaS(Desktop as a Service)と連携したオンデマンドなネットワークサービス、キャリアのネットワークサービスと連携した高品質なクラウドサービスへの応用を進めていくとしている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top