ジョージ・ルーカス監督、スターウォーズに関する裁判で敗訴 | RBB TODAY

ジョージ・ルーカス監督、スターウォーズに関する裁判で敗訴

エンタメ 映画・ドラマ

ジョージ・ルーカス監督
  • ジョージ・ルーカス監督
  • 公式サイト
 3D版の上映がアナウンスされるなど2012年に再び脚光を浴びそうな「スターウォーズ」。その監督のジョージ・ルーカス氏が、最近スターウォーズに関する裁判で敗訴した。

 映画『スターウォーズ』シリーズに登場するストームトルーパーのヘルメットのレプリカを、当時の小道具デザイナーであったアンドリュー・アインスワースが販売する権利を認められ、ジョージ・ルーカス監督が敗訴した。1977年のシリーズ第1作目『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』でストームトルーパーのデザインを手掛けたと主張するアンドリューは、アメリカに輸出することは禁じられていたものの、ロンドンにある自身の店でレプリカを販売したいた。アメリカの裁判官は、アンドリューがアメリカで商品を売ることは監督の著作権を侵害していると当初判決を下していたが、アンドリューがアメリカに資産を保持していなかったため、結局イギリスの最高裁判所に持ちこまれていた。今回の裁判で26日(火)、ヘルメットは芸術作品ではなく実用品であるとされ、イギリスの著作権法には適用されないという結論に達した。

 この判決を受けてアンドリューは、同映画の有名な台詞「フォースと共にあらんことを」を用いて、「もし何か力(フォース)が働いたのであれば、過去5年間僕と一緒にいたんでしょう」「イギリスの法律において、正しい信念があれば、(旧約聖書に)デビッドでもゴリアスに勝てるってことを報告出来ることを誇りに思います」「オリジナルの道具と型を使って、レプリカを作り続ける権利を獲得できたことはとても嬉しいです」とコメントしている。ルーカスフィルムはの関係者は今回の判決について、「ルーカスフィルムは、イギリスのみならず地球上で、いかなる『スターウォーズ』に関する知的財産権を積極的に守っていきます」「映画のために作られた想像上のキャラクター、小道具、衣装、そしてあらゆる視覚財産がイギリスのみならず、世界中において芸術的創造作品なのです」「これらの芸術作品は、他国と同じようにイギリスの著作権法でも守られるべきであります。イギリスを著作権侵害の温床にしてはいけません」とコメントした。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top