キヤノン、「EOSシリーズ」用の望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」 | RBB TODAY

キヤノン、「EOSシリーズ」用の望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」

IT・デジタル デジカメ

「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」
  • 「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」
  • キヤノン、「EOSシリーズ」用の望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」
 キヤノンは12日、一眼レフカメラ「EOSシリーズ」用交換レンズとして、望遠ズームレンズ望遠ズームレンズ「EF-S55-250mm F4-5.6 IS II」を発表した。販売開始は29日。価格は47,250円。

 同製品は、「EOS Kissシリーズ」などAPS-Cサイズの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラに適した「EF-Sレンズ」で、「EF-S55-250mm F4-5.6 IS」(07年10月販売開始)の光学設計を継承した後継モデルとなる。

 本体のレザートーン塗装など、前モデルから外観デザインをリニューアル。シャッタースピード換算で約4段分(1/(焦点距離×1.6)秒に対して)の手ブレ補正機構も搭載した。通常撮影/流し撮りをレンズが判別し、最適な手ブレ補正モードへの切り換えを自動的に行なうことができる。

 さらに、UDレンズによりズーミング時に発生する諸収差を補正し、高解像/高コントラストな画質を実現するとうたう。ズーム全域での最短撮影距離は1.1m。また、レンズ配置とコーティングの最適化により、デジタルカメラ使用時に発生しやすいフレアやゴーストを大幅に抑制するとしている。

 レンズ構成は10群12枚(UDレンズ1枚)、レンズマウントはキヤノンEFマウント。AF駆動方式はDCモーターによるギア駆動。絞り形式はEMDによるパルス制御で、最小絞りはF22~32(1/2段表示も同様)。絞り羽根×7枚(円形絞り)。最短撮影距離は1.1m、最大撮影倍率は0.31倍(望遠側)。

 フィルター径は58mm、本体サイズは最大径70×全長108mm、重さ約390g。
《》

関連ニュース

特集

page top