タイヤは側面からもパンクする? ドライバーの6割以上が縁石などに接触させた経験あり | RBB TODAY

タイヤは側面からもパンクする? ドライバーの6割以上が縁石などに接触させた経験あり

エンタメ 調査

「タイヤの側面」を縁石などに接触させたことがありますか?
  • 「タイヤの側面」を縁石などに接触させたことがありますか?
  • タイヤは側面のキズなどが原因でパンクする可能性があることをご存じでしたか?
  • タイヤ側面のキズやヒビ割れの例
 ブリヂストンは8日、「ブリヂストン タイヤセーフティーレポート」として、タイヤの安全に関する調査の結果を公表した。

 調査期間は6月17日~19日で、自家用車を所有し月一回以上クルマを運転する、18~69歳の男女1,000人から回答を得た。それによると、道路脇の縁石などに「タイヤの側面」を接触させた事があるドライバーは66%にのぼった。

 「タイヤの側面」はブランド名やタイヤサイズ等が表示されているが、路面と接地する面(トレッド)よりも薄く、走行する際に最もたわみの激しい部分であることから、キズを放置しているとパンクやバーストなど重大なトラブルに繋がる可能性がある。

 しかし同調査によると、ドライバーの44%が、側面のキズが原因で、タイヤがパンクする可能性のあることを知らないことが判明した。そのためブリヂストンでは、タイヤ点検を行う場合、通常、路面と接地しない「タイヤの側面」の点検も必要不可欠だとして注意を呼びかけている。

 ブリヂストンでは、今年創立80周年を迎えたことと、日本自動車タイヤ協会(JATMA)等が推進する「タイヤの日」が4月8日であることを背景に、毎月8日を「ブリヂストン タイヤセーフティーの日」に設定。2011年3月から2012年2月までの1年間、毎月タイヤの安全に関わる情報を発信中だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top