タブレット端末所有率は2割超、機種ごと所有率も判明……MMD研調べ | RBB TODAY

タブレット端末所有率は2割超、機種ごと所有率も判明……MMD研調べ

エンタープライズ モバイルBIZ
タブレット端末(iPad)を持っていますか?
  • タブレット端末(iPad)を持っていますか?
  • あなたが持っているタブレット端末(非iPad)は何ですか?
  • iPad2にして良かったと思う点は何ですか?
  • 現在お持ちのタブレット端末に満足していますか?
  • あなたが知っているタブレット端末は次のうちどれですか?
 MMD研究所は10日、「タブレット端末に関する認知度、および満足度調査」の結果を公表した。調査期間は6月1日~6日で、有効回答は982人となっている(女性37.4%、男性62.6%)。

 まず、タブレット端末の所有率について調査したところ、全体で23.8%が所有していた。その内訳としては、84.6%がiPad所有者(iPad2含む)となっている。さらに「iPad2」の所有者を対象に、iPad2にして良かったと思う点について調査したところ、「薄くなったこと」と回答したユーザーが65.4%でトップに。僅差で「CPUがシングルコアからデュアルコアへ進化したこと」63.5%、「軽くなったこと」61.5%もあげられた。

 また、タブレット端末を主に使用しているシーンについて調査したところ、「自分の部屋・寝室で使用している」と回答したユーザーは30.3%ともっとも多く、次いで「自宅のリビングで使用している」と回答したユーザーは26.5%、「職場・勤務先で使用している」と回答したユーザーは26.1%という結果となった。

 次に、タブレット端末所有者を対象に、現在所有しているタブレット端末の満足度について調査したところ、全体の約8割が「満足している」と回答。また、タブレット端末非所有者を対象に、iPadの興味度を調査したところ、59.2%のユーザーが「興味がある」と回答しており、iPadへの興味度が高い傾向にあることが伺える結果となった。実際、タブレット端末の認知度では、「iPad/Apple」が85.1%ともっとも認知されており、次いで「iPad2/Apple」が75.4%、「GALAXYTab SC-01C/サムスン」が56.3%という結果となっている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top