パナソニック電工、スケジュール設定できる設備時計「年間式プログラムタイマー」発売 | RBB TODAY

パナソニック電工、スケジュール設定できる設備時計「年間式プログラムタイマー」発売

 パナソニック電工は24日、チャイムやアナウンスなどを自動でコントロールする設備時計本来の機能に加え、パナソニック電工製計測器「エネミエールS」との接続で省エネ活動にも貢献する設備時計「年間式プログラムタイマー」シリーズを発表した。

エンタープライズ ハードウェア
パナソニック電工「年間式プログラムタイマー」
  • パナソニック電工「年間式プログラムタイマー」
  • 商品詳細
  • 専用ソフトでの設定
  • 標準電波受信
 パナソニック電工は24日、チャイムやアナウンスなどを自動でコントロールする設備時計本来の機能に加え、パナソニック電工製計測器「エネミエールS」との接続で省エネ活動にも貢献する設備時計「年間式プログラムタイマー」シリーズを発表した。

 「年間式プログラムタイマー」は、学校や工場、オフィスなどに使用される設備時計として、標準電波を受信することで常に正確な時刻表示が可能。パソコン入力によるスケジュール管理機能を搭載し、チャイム、アナウンスなどの時報設定や換気扇、照明器具などのタイマー設定が簡単に行える。設定はSDカードで登録でき、MP3形式の音楽/音声データも追加可能。

 改正省エネ法(2010年4月施行)では、エネルギー管理義務が課せられる工場・企業単位が事業者(企業)単位に変わり、今まで以上に使用量を管理する必要がある。「年間式プログラムタイマー」は、同社の計測器「エネミエールS」にて計測したエネルギー使用量が目標設定値を超えると、電気の使い過ぎを通知する機能も搭載した。

 パナソニック電工は、従来からの設備時計提案活動と、計測器によるエネルギー使用量の「見える化」提案活動とも連携して、2011年度に1,200台の販売を目指す。6月21日より販売を開始、EIAラックマウント型と壁掛型の2種類をラインアップした。希望小売価格(税込・工事費別)は219,450円より。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top