みずほ銀とドコモ、スマートフォン向けAR店舗ナビアプリを共同開発 | RBB TODAY

みずほ銀とドコモ、スマートフォン向けAR店舗ナビアプリを共同開発

エンタープライズ モバイルBIZ

利用イメージ
  • 利用イメージ
  • 現在地、地名リスト、フリーワードでの検索も可能
 みずほ銀行は10日、AR(拡張現実)技術を用いたスマートフォン向けの店舗ナビアプリケーション「ATM・店舗検索」アプリの提供を開始した。みずほ銀行とNTTドコモが共同で開発したもので、スマートフォンをかざすことにより、周辺のみずほ銀行の店舗を案内する。

 みずほ銀行が、全国で展開する有人店舗約430店舗、無人店舗約1,200店舗の緯度や経度などの情報をAndroid OS向けに加工し、ドコモがAR(拡張現実)による案内が可能となるナビアプリケーションを開発した。GPS機能を利用して最寄り店舗を検索でき、目的店舗への電話や店舗情報確認などの機能が利用できる。またAR(拡張現実)技術を利用し、スマートフォンをかざすことで目的店舗の方向や距離が画面に表示される。またアプリケーションから、目的店舗への電話を発信したり、店舗情報を確認したりすることも可能。店舗を検索した後は、通常の地図表示とAR表示を切り替えることもできる。

 「ATM・店舗検索」アプリは、ドコモより提供されている「Xperia(SO-01B)」「GALAXY S(SC-02B)」「LYNX 3D(SH-03C)」「REGZA Phone(T-01C)」で利用可能。今後Android OSを搭載したスマートフォンについて、順次対応を拡大する予定。またiPhone版アプリケーションについても5月下旬より提供開始する予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top