元日本代表FWの鈴木隆行が昨年引退、元チームメイトがTwitterで明かす | RBB TODAY

元日本代表FWの鈴木隆行が昨年引退、元チームメイトがTwitterで明かす

エンタメ スポーツ

増田忠俊Twitter
  • 増田忠俊Twitter
  • 増田忠俊Twitter
 金髪のヘアスタイルが印象深い元日本代表FWの鈴木隆行が、昨年引退していたことがわかった。鈴木とともに鹿島アントラーズで活躍した元日本代表MFの増田忠俊が、自身のTwitterで明かした。

 鈴木は1995年に鹿島アントラーズに入団。2001年に日本代表に選出され、2002年の日韓ワールドカップのベルギー戦ではゴールも決めた。2008年からはアメリカのクラブに所属していた。

 増田のつぶやきによると、鈴木は昨年に現役を引退。アメリカで指導者になることも考えていたようだが、都内でサッカー関係の仕事に就く予定だという。

※追記:22日16時頃、増田は「隆行の件ですが、私が『引退』と言う言葉を使った事により多大な御迷惑をお掛けしました事を謝りたいと思います。本人の今後については只今、模索中とのことです。隆行の今後については決まり次第、本人から正式に発表があるので、お待ち下さい」と訂正。該当のつぶやきも削除した。鈴木が所属する事務所が引退を否定したと報じられている。
《織本幸介》

関連ニュース

特集

page top