日本HP、ハイエンドノート「HP ENVY17-2000」を量販店で販売開始 | RBB TODAY

日本HP、ハイエンドノート「HP ENVY17-2000」を量販店で販売開始

IT・デジタル ノートPC

「HP ENVY17-2000」
  • 「HP ENVY17-2000」
  • 「HP ENVY17-2000」
  • 「HP ENVY17-2000」の前面に配置したスピーカー
  • 「Beats Audio」によるサウンドチューニングのイメージ
  • 「HP Pavilion dv6-6000プレミアムライン」
  • 「HP Pavilion g6-1000 Notebook PC」
 日本HPは15日、今月4日に発表した17.3型大画面の高級ノート「HP ENVY17-2000」を一部量販店で販売開始することを発表した。これまでは直販のみの取り扱いとなっていた。販売開始は5月中旬、価格は170,000円前後。

 「HP ENVY17-2000」は、、ヒップホップミュージシャンのDr.Dre(ドクター・ドレー)と共同開発した「Beats Audio」を搭載し、音響にこだわったハイエンドノート。直販モデルはカスタマイズに対応するが、量販店モデルは固定仕様。おもな仕様は、液晶サイズが17.3型(1,920×1,080ピクセル)、CPUがCore i7-2630QM(2GHz)、専用グラフィックスがRadeon HD 6850(ビデオメモリは1GB)、メモリが4GB、HDDが2TB、光学ドライブがBlu-rayコンボ、無線LANが802.11a/b/g/n。動画編集ソフトの「Adobe Premiere Elements 9」、画像編集ソフトの「Adobe Photoshop Elements 9」が付属する。インターフェースはUSB3.0、HDMI、Mini DisplayPortなど。重さは約3.42kg。

 そのほか、すでに量販店で展開済みの15.6型ノート「HP Pavilion g6-1000 Notebook PC」にCore i5-2410M(2.3GHz)を搭載したハイパフォーマンスモデルを追加。21日より販売を開始し、価格は80,000円前後となる。また、これまで直販のみの取り扱いとしていた15.6型ノート「HP Pavilion dv6-6000」の量販店モデルもラインアップした。おもな仕様はCore i5-2520M(2.5GHz)、4GBメモリ、640GB HDD、Blu-rayディスクドライブなど。同製品の販売開始は5月中旬で、価格は110,000円前後。
《小口》

関連ニュース

特集

page top