IIJと日本IBM、クラウド・コンピューティング分野で協業 | RBB TODAY

IIJと日本IBM、クラウド・コンピューティング分野で協業

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

 インターネットイニシアティブ(IIJ)と日本アイ・ビー・エムは14日、国内の大手・中堅企業向けに、ネットワークから計算資源、データセンターまで総合的に最適化したクラウド・サービスを提供することを目的に、協業することを発表した。

 IIJは、国内最大規模のインターネットバックボーンを展開するとともに、スマートフォンやタブレット型端末などのスマートデバイス管理においてもノウハウを保有している。一方、日本IBMは、クラウド・コンピューティングに必要な仮想化・自動化・標準化を実現するハードウェア製品やソフトウェア製品、また、独自のクラウド・サービスを提供している。両社が協業することにより顧客企業は、ネットワークから計算資源、データセンター環境まで総合的に最適化された企業向けクラウド・サービスを利用できるようになる見込み。

 具体的には、既存の業務アプリケーションを安全にスマートデバイスで利用するためのゲートウェイ機能やリモート端末管理機能を提供するIIJの「IIJ GIO(ジオ)スマートモバイルソリューション」と、日本IBMのプライベート・クラウド構築サービスを組み合わせ、個々の顧客に最適なソリューションを提案していくとのこと。プライベート・クラウドへのニーズが高い金融機関を主な対象とする予定。

 今後両社は、Webサイトへのアクセス負荷を分散する「IIJ広域負荷分散サービス」とIBMの国内外のクラウド基盤により、計画停電に備えたWebサイトのバックアップソリューションを提供するなど、さまざまなソリューションを検討し、提供していく計画だ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top