【FINETECH JAPAN 2011(Vol.3)】NTTドコモのMEDIASやXperia arcなどに採用、世界最薄タッチパネル | RBB TODAY

【FINETECH JAPAN 2011(Vol.3)】NTTドコモのMEDIASやXperia arcなどに採用、世界最薄タッチパネル

エンタープライズ ハードウェア

超薄型の静電容量型タッチパネルを出展しているミクロ技術研究所のブース
  • 超薄型の静電容量型タッチパネルを出展しているミクロ技術研究所のブース
  • 同社ではガラス単体0.2mm以下のタッチセンサを製造する技術を有している。実際にNTTドコモのスマートフォンで使われているという
  • 「aimic-Touch」は、ガラス厚を0.02mm~0.45mmという薄さが可能。このとき支持体にPETフイルムを張り合わせる。折り曲げることができるタッチセンサを実現
 13日~15日に開催される「ファインテック ジャパン」にて、ミクロ技術研究所は、 厚みを極限まで薄くした片面積層型の静電容量型タッチパネルを出展していた。ガラスセンサの場合、通常だと0.5mm程の厚みが必要になるが、同社ではガラス板厚が0.2mm以下の静電容量式タッチパネルを開発している。これは、NTTドコモのAndroidスマートフォン「MEDIAS N-04C」(0.17mm)や「Xperia arc(SO-01C)」(0.2mm)に採用されているそうだ。

 同社のガラスセンサは、化学的な処理によってガラス厚を0.02mm~0.45mmという究極の薄さにまで収められ、 これを「aimic-Touch」というブランドで売り出している。化学処理を施すガラス加工は、どうしても時間が掛ってしまうが、同社では独自のコントロール装置と薬液を開発し、この課題を克服したという。しかし、板厚がこれだけ薄いとガラス自体が割れてしまいそうで心配になるが、aimic-Touchでは、ガラス部の支持体として、0.1mmのPETフイルムを張り合わせているため、曲げても壊れない構造になっている。逆にセンサを曲げられるため、液晶パネルに張り合わせる際に気泡が入らず、作業も簡単になるメリットがあるという。
《井上猛雄》

関連ニュース

特集

page top