ヤッパとソフトバンク・ペイメント・サービスが提携、電子書籍専用の決済システムを提供 | RBB TODAY

ヤッパとソフトバンク・ペイメント・サービスが提携、電子書籍専用の決済システムを提供

エンタープライズ 企業

Android用決済画面イメージ
  • Android用決済画面イメージ
 ヤッパとソフトバンク・ペイメント・サービス(SBPS)は13日、ヤッパが提供する電子書籍ソリューション「Spin Media」とSBPSが提供する「オンライン決済ASP」のシステム連携で合意したことを発表した。電子書籍専用の決済システムの共同提供を開始する。

 「Spin Media」は、雑誌、新聞、マンガ、カタログなどの印刷物を独自の高速技術でデジタル化し、PCや携帯電話、iPhone、Android端末のスマートフォンおよびタブレット端末に紙面と同様のレイアウトで配信できる電子書籍ソリューション。一方「オンライン決済ASP」は、決済手段の提供とともに、決済に関わる手続きや金融機関との契約、収納代金の入金管理までをトータルでサポートするオンライン決済のASPサービス。

 今回、「Spin Media」と「オンライン決済ASP」が連携することにより、「Spin Media」を利用する電子書籍配信の事業者は、「クレジットカード」「携帯キャリア決済(ドコモ、au、ソフトバンクモバイル対応)」「プリペイドカード」「電子マネー(Cyber Edy、Mobile Edy、モバイルSuica)」など、電子書籍配信に必要な決済手段をまとめて簡単に導入できる。また、SBPSの決済画面は、PCや携帯電話、iPhoneやiPad、Android端末などのスマートフォンならびにタブレット端末にも対応しており、どの端末環境からでも利用できる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top