名古屋データセンターを利用したクラウドサービス「Cloud for Relief」……クララオンライン | RBB TODAY

名古屋データセンターを利用したクラウドサービス「Cloud for Relief」……クララオンライン

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

クラウドサービス「Cloud for Relief」シリーズ
  • クラウドサービス「Cloud for Relief」シリーズ
 クララオンラインは6日、クラウドサービス「Cloud for Relief」シリーズの提供を開始すると発表した。

 名古屋データセンターを利用した同サービスは、原子力発電による発電比率が低い中部電力管内位置していることで、将来的にも安定した電力供給を期待でき、東京電力管内の計画停電への対応できる点などを強みとしている。

 シリーズの第1弾として、「Cloud for Relief“Discovery -Nagoya-”」の提供を11日より開始する。提供されるスペックは、ディスク容量が50GB、メモリ最大値が1GB、提供OSがCentOS5、回線帯域が100Mbps共用。また標準でデータバックアップが提供される。初期費用は100,000円(消費税込)で、月額0円。最大2年間サービスを利用できる。サービス提供機関は2011年4月11日~2013年3月31日。申込期間は2011年4月11日~2011年9月30日まで。

 また同社は東日本大震災の復興支援として、同サービスのサーバ1契約につき、手押し型車いす1台を寄贈するという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top