【地震】キヤノンMJ、ウェブ会議システム「IC3」を、被災地企業に無償提供 | RBB TODAY

【地震】キヤノンMJ、ウェブ会議システム「IC3」を、被災地企業に無償提供

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

IC3の利用イメージ
  • IC3の利用イメージ
  • 動作環境
 キヤノンマーケティングジャパンは5日、東日本大震災の復興支援策として、被災地域の企業に対しウェブ会議システム「IC3(アイシーキューブ)月額利用サービス」(以下、IC3)の無償提供を開始したと発表。無償提供期間は5日~5月31日まで。

 IC3は、ネット接続されたPCとウェブカメラ、マイクやヘッドセットなどの音声機器により利用するASP方式のテレビ会議システム。通常、初期費用が30,000円~(税別)、月額料金が40,000~(税別)かかる。対応OSは、「Windows 2000 Professional」「Windows XP Professional/Home Edition」「Windows Vista Ultimate/Enterprise/Business/Home Premium/Home Basic」「Windows 7 Ultimate/Enterprise/Professional/Home Premium」。対応ブラウザはInternet Explorer 6/7/8。

 無償提供の対象地域は、宮城・岩手・福島・長野・新潟・青森・茨木・栃木・千葉の各県で東日本大震災の災害救助法が適用された市町村となる。同社では、より多くのユーザーへ提供するため、1企業あたり同時接続2ライセンスまで、1対1の利用に限るとしている。申込方法は、専用フォームに必要事項を入力。(https://entry.canon.jp/question/form79/ic3/ic3.cgi)
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top