Androdスマートフォンを同時通訳機として利用……Google Translateに新機能 | RBB TODAY

Androdスマートフォンを同時通訳機として利用……Google Translateに新機能

ブロードバンド その他

「Conversation Mode」の利用画面
  • 「Conversation Mode」の利用画面
  • 「Conversation Mode」の利用画面
 米グーグル(Google)は12日(現地時間)、Android版の翻訳アプリ「Google Translate」に、「Conversation Mode」と呼ばれる音声翻訳機能を追加したと発表した。これにより現状では英語とスペイン語間の翻訳のみに対応している。

 同機能では、自分の話す言語に対応したマイクボタンを押すことで、翻訳された音声が読み上げられる。ただしこの機能は現状ではアルファ版であるため、地域ごとの独特なアクセントや、速いスピーチの聞き取りが難しいほか、周囲にノイズがある場合も機能しない場合があるという。

 同社は公式ブログの中で、「Android端末は現在150ヵ国以上の国々で利用されているが、この新しいプラットフォームが言語の壁を壊していくのをうれしく思う」とコメント。

 「Google Translate」は、53ヵ国語をサポートしており、15ヵ国語の音声入力に対応している。同アプリの利用には、端末にAndroid 2.1以上のOSがインストールされている必要がある。



《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top