USBフラッシュメモリのような小型デジタルビデオカメラ | RBB TODAY

USBフラッシュメモリのような小型デジタルビデオカメラ

IT・デジタル その他

USBフラッシュメモリのような手のひらサイズのボディ
  • USBフラッシュメモリのような手のひらサイズのボディ
  • 「DVR-HD」
  • 「DVR-HD」
  • microSD/microSDHCカードスロット(カードは別売)
 ハンファ・ジャパンは7日、USBフラッシュメモリのような手のひらサイズのボディに500万画素CMOSセンサーを搭載したデジタルビデオカメラ「DVR-HD」を発売した。web限定販売で同社直販サイト価格は14,800円。

 同製品は、本体サイズが幅61×高さ120×奥行き20mm、重さが約37gの小型・軽量ボディとなるデジタルビデオカメラ。1/2.5型500万画素CMOSセンサーを搭載し、最大解像度は1,280×720ピクセルのハイビジョン画質に対応。保存形式はMPEG-4 AVC/H.264(MOV)で、記録メディアはmicroSD/microSDHCカード(最大32GB)。ほかにJPEGの静止画撮影が可能となっている。

 ファイルサイズの目安として、解像度1,280×720ピクセル、フレームレート30コマ/秒で30分録画した場合は約1GB。バッテリは500mAのリチウムポリマー充電池で、充電時間はUSBバスパワーで約3.5時間、フル充電時の連続駆動時間は動画撮影時で最大約80分となる。インターフェースはminiUSB2.0/miniHDMIなどで、モノラルマイクを内蔵する。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top