米Twitter、ツイッター上の2010年トレンドランキングを発表 | RBB TODAY

米Twitter、ツイッター上の2010年トレンドランキングを発表

ブロードバンド 回線・サービス

2010年の総合「トレンド」ランキング
  • 2010年の総合「トレンド」ランキング
  • 「ニュースイベント」「人物」「映画」カテゴリの、「トレンド」ランキング
  • 「テレビ」「テクノロジー」「ワールドカップ」カテゴリの、「トレンド」ランキング
  • 「スポーツ」「ハッシュタグ」カテゴリの、「トレンド」ランキング
 米ツイッター(Twitter)は13日(現地時間)、2010年のツイッター上でのトレンドランキングを発表した。ランキングは同社が、今年つぶやかれた総数250億ツイートをもとに、算出したもの。総合ランキングのほかに、「ニュースイベント」「人物」「映画」「テレビ」「テクノロジー」「ワールドカップ」「スポーツ」「ハッシュタグ」の8つのカテゴリに分けられている。

 まず総合ランキング1位は「Gulf Oil Spill」。今年5月に発生したメキシコ湾での石油流出事故が、今年のツイッター上での最も大きな「トレンド」だったようだ。また2位に「FIFA World Cup」、5位に「Vuvuzela」など6月~7月に南アフリカで開催されたワールドカップ関連のキーワードがランクイン。現地でサポーターが応援のために吹き鳴らしたブブゼラは、選手やテレビの視聴者から耳障りだとの苦情が相次ぐなど大きな話題となった。またブブゼラの音が鳴るiPhoneアプリもリリースされた。テクノロジー関係では、6位に「Apple iPad」がランクイン。3位には、渡辺謙が出演したハリウッド映画「Inception」が入った。

 ツイッター上の「トレンド」は、アルゴリズムにより自動的につぶやきの多いトピックを算出し、話題のトピックをリアルタイムに伝えることを目的とした機能。トピックに関するつぶやきの数が一定期間内に劇的に増加した際、そのトピックがトレンドリストに追加される。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top