ソニー、ビデオウォール型デジタルサイネージ「Ziris Canvas」発売……PS3でシステム制御 | RBB TODAY

ソニー、ビデオウォール型デジタルサイネージ「Ziris Canvas」発売……PS3でシステム制御

 ソニーは5日、複数のディスプレイの角度や配置を自由にレイアウトすることでインパクトのある映像演出を可能とするダイナミックマルチディスプレイシステム「Ziris Canvas(ザイリスキャンバス)」を発表した。

エンタープライズ ソフトウェア・サービス
「Ziris Canvas」でのデジタルサイネージ設置イメージ
  • 「Ziris Canvas」でのデジタルサイネージ設置イメージ
  • システム構成例
  • 複数ディスプレイのレイアウトが自由に行える
  • ソニー、ビデオウォール型デジタルサイネージ「Ziris Canvas」発売…PS3でシステム制御
 ソニーは5日、複数のディスプレイの角度や配置を自由にレイアウトすることでインパクトのある映像演出を可能とするダイナミックマルチディスプレイシステム「Ziris Canvas(ザイリスキャンバス)」を発表した。

 「Ziris Canvas」は、スクリーンレイアウトから、コンテンツ配置・配信のスケジューリング、映像配信、システムの監視にわたる一連の作業に必要な各種専用ソフトウェアと、「プレイステーション3」(PS3)とで構成された製品。11月30日より発売で、 市場推定価格は75万円前後(税抜)。

 従来のビデオウォール型サイネージシステムは、同一ディスプレイを縦方向もしくは横方向に設置したレイアウトにしか対応していなかったが、「Ziris Canvas」では、サイズや画素数が異なるディスプレイを組み合わせ、角度や配置を自由にレイアウトすることが可能。縦横はもちろん、斜めに設置したディスプレイに対してもディスプレイの角度に応じて再生画像をリアルタイムに調整しながら表示できる。

 サイネージプレイヤーには、デジタルサイネージ向けにカスタマイズされたシステムソフトを搭載したPS3を採用。高精度に各ディスプレイを同期させた再生や、ディスプレイ1面あたり最大でフルHD(1920×1080)解像度の高精細な映像表現を実現した(ディスプレイと同数台が必要)。フルHD以上の高解像度のCGコンテンツを、レイアウトに合わせてディスプレイごとの動画として切り取り、複数のフルHDコンテンツを組み合わせた動画ファイル群を作成することによって、トータルでフルHDを超える解像度を持つビデオウォールを実現することが可能となっている。逆に最大で解像度2048x2048(動画は1920×1080)のコンテンツを、複数のディスプレイに引き伸ばして表示することも可能。

 専用ソフトウェアパッケージ(BZSQ-VW1/J)は、プレイリストやスケジュールの作成などを行うためのソフトウェア「Ziris Create」、機器の設定、監視、制御を行うためのソフトウェア「Ziris Manage」、コンテンツ配信を行うためのソフトウェア「Ziris Edge」、デジタルサイネージ向けの専用PS3上でコンテンツ再生を行うためのソフトウェア「Ziris View」で構成される。さらに、ディスプレイレイアウトの設定・フルHD以上の高解像度コンテンツの制作をサポートするソフトウェア「Ziris Screen Cutter」が無償同梱される。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top