東大発の画像認識技術でオムライス写真に反応してツイート…So-net、Twitterボットを公開 | RBB TODAY

東大発の画像認識技術でオムライス写真に反応してツイート…So-net、Twitterボットを公開

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「ろっぷんbot (roppun_bot) on Twitter」画面
  • 「ろっぷんbot (roppun_bot) on Twitter」画面
  • 実際に海外で見つけたオムライス写真を送ってみたところ、ちゃんとオムライスと認識した
 ソネットエンタテインメント(So-net)は10月20日、キャラクター「ろっぷん」がオムライスの食事写真に反応してつぶやくTwitterボット「ろっぷんbot」を公開した。

 「ろっぷん」は、So-netとバンプレストが本年7月に共同発表した、長い耳がトレードマークのロップイヤーうさぎをモチーフにした新たなオリジナルキャラクター。レストランの料理やカフェ、手作りのご飯など、日常の食事を携帯電話で撮影し、メールで送って「ろっぷん」の成長を楽しむことができるケータイゲーム(食ゲー)にも登場する。

 「ろっぷんbot」(roppun_bot)は「オムライス」の写真判定bot。「オムライス」が大好物だが、料理歴が浅く、オムライスのことを熟知していない、という設定で、送信された食事写真のなかから、「オムライス」の写真を判定、「オムライス」にまつわる「つぶやき」を返答するTwitterボットとなっている。「twitpic.com」や「携帯百景」にアップした「オムライス」写真のURLを@roppun_bot宛に送ると、「オムライス」と判定して「オムライス」だねと返答する。画像認識には、東京大学とfoo.logとが共同開発している、「食」に関する写真を抽出し食事カレンダーを生成する「FoodLog」技術を応用した技術が利用されている。

 なお「ろっぷん」は「ラーメン」や「カレー」にも興味があるとのこと。いろいろな食事写真をアップロードすると、他のメニューでも反応があるかもしれない。サービスは期間限定で2010年10月20日~12月15日(予定)。利用料金は無料。閲覧は誰でも可能で、「ろっぷんbot」に「返信」するにはTwitterアカウントを持っていて『ろっぷんbot』をフォローしている必要がある。

《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top