NTTアイティ、Android・iPad・スマートフォンが使い分けられる「マジックコネクトMOSサービス」新発売 | RBB TODAY

NTTアイティ、Android・iPad・スマートフォンが使い分けられる「マジックコネクトMOSサービス」新発売

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「マジックコネクトMOSサービス」イメージ
  • 「マジックコネクトMOSサービス」イメージ
  • 「マジックコネクト」利用イメージ例(遠隔での映像監視)
 NTTアイティは14日、従来より法人向けソリューションとして販売してきた「マジックコネクトMOS」をAndroid端末に対応させ、ASPサービスで提供する「マジックコネクトMOSサービス」を発表した。10月21日より販売を開始する。

 マジックコネクトMOSは、Windowsに限らずMac、iPad、スマートフォンを手元の端末として使用できるテレワークシステム。法人ユーザー各社から「さまざまなAndroid端末でも使用したい」「最小契約単位の5アカウントは多すぎる」などの意見が寄せられていたとのことで、今回、Android端末に対応するとともに、ASPサービス形態での提供により最小契約単位を1アカウントにした「マジックコネクトMOSサービス」を発売したとのこと。今後発売されるNTTドコモのAndroid OS搭載スマートフォンにも対応していく予定。

 「マジックコネクトMOSサービス」では、手元の端末からMOSサーバにアクセスし、OTPトークンを用いて、ワンタイムパスワード(OTP)認証を実施。自動的にマジックコネクト(MC)サーバに接続され、社内の自席PCやサーバのWindowsログオン画面が現れるようになり、社内で行うすべてのPC業務を社外から行うことが可能となる。OTPトークンを1つ持っていれば、従来のマジックコネクトの高いセキュリティレベル、利便性を維持したまま、手元の端末として、Windows PC以外に、今後主流となる可能性のあるAndroid端末、iPadやスマートフォンなどを使い分けることができる。社外から社内のPCの電源を投入するWOL(Wake On LAN)機能も利用できる。

 価格は初期費用が21,000円/アカウント(OTPトークンを含む)、年間使用料が31,500円/アカウント。年間10,000アカウントの販売を目指す。なお10月18日~20日に開催される「Security Solution & ERM 2010」(東京ビッグサイト)に出展される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top