スターティアラボ、iPhone/iPad対応のクラウド型電子書店開設パッケージ提供開始 | RBB TODAY

スターティアラボ、iPhone/iPad対応のクラウド型電子書店開設パッケージ提供開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

月額9,800円から利用できる電子書籍配信プラットフォーム『ActiBook Shelf』のサンプルサイトイメージ
  • 月額9,800円から利用できる電子書籍配信プラットフォーム『ActiBook Shelf』のサンプルサイトイメージ
 スターティアラボは5日、月額9,800円から自社で電子書店の開設ができるサービス『ActiBook Shelf(アクティブックシェルフ)』の提供を開始した。

 現在、作成した電子ブックを販売するには、大手電子ブック販売サイトを利用することが一般的となっており、自社で販売サイトを構築したくても、数千万円もの開発費用がかかることから、なかなか参入できないのが現状となっている。『ActiBook Shelf』では、必要となるサイトのテンプレートおよびWEBサーバ、決済システム、会員管理機能などをパッケージングして提供すること、出版社や印刷会社が独自の電子ブック販売サイトを、低価格かつ短期間で開設できる。

 またサイトはPC、iPhone、iPadのマルチデバイスに対応しており、閲覧時には自動的に各デバイスに対応した画面へと最適化される。利用者は、購入した電子ブックを自分が保持する端末で共有できるため、自宅のPCで電子ブックを購入し、通勤途中の電車ではiPhoneで閲覧、会社やカフェではiPadを使用するなど各シーンに応じた電子ブックの利用が可能となる。購入した電子ブックは、サイト内の自分専用の本棚に登録され、購入した電子ブックであれば、全文の検索も可能。

 サービス提供価格は掲載可能ブック数10冊の「ActiBookShelf Light」が月額費用9,800円、 初期費用98,000円。30冊の「ActiBookShelf Standard」が月額費用19,800円、初期費用98,000円。100冊の「ActiBookShelf Business」が月額費用39,800円、初期費用98,000円。容量500GBの「ActiBookShelf専用プラン」が月額費用100,000円、初期費用300,000円。同社では、電子ブック作成ソフト『アクティブック』を導入している出版社や印刷会社を中心に販売を進めるとともに、『アクティブック』利用企業同士を紹介し、特定の業種に特化した電子ブック販売サイトの構築の提案を行っていく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top