【Interop 2013 Vol.25】スターティアラボのARとデジタルカタログ | RBB TODAY

【Interop 2013 Vol.25】スターティアラボのARとデジタルカタログ

ブロードバンド ウェブ

COCOAR:マーカーとして設定したチラシをアプリで読み取るとサービス紹介の動画が再生される。2013 Japan IT Week(2013年5月)
  • COCOAR:マーカーとして設定したチラシをアプリで読み取るとサービス紹介の動画が再生される。2013 Japan IT Week(2013年5月)
  • Interop会場の幕張メッセ(資料画像)
 ウェブサイトの制作、ウェブアプリケーションの開発を手がけるスターティアラボ(東京都新宿区)は、「Interop Tokyo 2013」と併催の「スマートデバイスジャパン 2013」(6月12~14日、千葉市・幕張メッセ)に出展する。ARサービスとデジタルカタログを中心に訴求する。

 スターティアラボが提供する「COCOAR (ココアル)」は、ARコンテンツが誰でも簡単に作成可能なARサービスだ。既にある印刷物でもマーカーとして登録可能で、新規顧客開拓や顧客の囲い込みツールとして利用できるという。

 デジタルカタログサイトサービスは、導入企業1700社以上、業種・用途40以上で利用されている。パッケージサービスでは、既存の紙カタログやパンフレット、提案資料をそのまま活かせるので、短期間・低コストでアップが可能だ。 郵送していたカタログやチラシを電子化し、コストも削減できる。

★Interopの情報は、イベント情報メディアの「ExpoTODAY」でもチェック可能です。出展社情報ほか、資料ダウンロード、会場マップも展開します。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top