記録的な猛暑で何が変わった? 全国都道府県ランキング | RBB TODAY

記録的な猛暑で何が変わった? 全国都道府県ランキング

エンタメ 調査

あなたは熱中症になりましたか?
  • あなたは熱中症になりましたか?
  • 熱中症になりそうだった都道府県ランキング
  • 食の変化はありましたか?
 ウェザーニューズは、記録的な猛暑が続いた今夏、衣、食、住のそれぞれにおいて人々の生活スタイルにどのような変化が生じたのかを調べるため、「夏の振り返り調査」を実施した。調査期間は9月25日から27日。同社の携帯サイトの利用者38,530 人(男性38%、女性62%)の回答を集計した。

 「あなたは熱中症になりましたか?」と質問をしたところ、「なった」と回答した人は8%、「なりそうだった」は35%、「ならなかった」は56%、「わからない」は1%となった。

 この結果を都道府県別に見てみると、熱中症になりそうだった人が最も多かったのは「香川県」で44%。2位が「秋田県(40%)」、3位が「三重県」「岩手県」で39%という結果となった。一方、熱中症になりそうだった人が最も少なかったのは「島根県」「沖縄県」で28%だった。

 「暑すぎて睡眠不足になりましたか?」との質問では、「エアコンをつけてよく眠れた」と回答した人が41%、「エアコンをつけても眠りが浅かった」は34%となった。「エアコンつけても眠りが浅かった」との回答で、平均の34%より高かった都道府県をみてみると、「福井県(40%)」「三重県(38%)」「埼玉県(38%)」「東京都(38%)」など、関東、近畿エリアで平均より多い傾向にあることがわかった。

 「今年は蚊に刺されましたか」と聞いたところ、「昨年より刺された」と回答した人は13%。「例年通り」は23%、「昨年より刺されてない」は56%、「見てない」は8%になり、昨年より蚊が少なく、半数以上の人が「昨年より刺されていない」と感じていることがわかった。ウェザーニューズは「今年は猛暑の影響で全国的に蚊の活動が鈍くなったのではないか」と考察している。実際に「北海道(27%)」「山形県(26%)」「宮城県(24%)」など、おもに北日本のエリアで「昨年より刺された」と回答した人が多くなっていた。

 仕事に行くときの服装に変化については、「いつも軽装でクールビズ」と回答した人が58%、「大切な場面のときだけ正装」が39%、「常に暑さを我慢して正装」が3%という結果となった。「いつも軽装でクールビズ」と回答した人は、「福井県(64%)」「新潟県(63%)」「東京都(60%)」など、関東、北陸エリアで多かった。

 食生活の変化では、「水分を多くとった」が最も多く、「アイス・氷菓をよく食べた」が続いた。電気使用量に関しては、昨年に比べて全国的に電気の使用量が15%増加したことがわかった。使用量が増加した県のトップ5は、「秋田県(38%)」「宮城県(29%)」「栃木県(29%)」「鳥取県(29%)」「京都府(28%)」となった。一方、昨年よりも使用量が少なくなったエリアもあり、「石川県」はマイナス3%、「和歌山県」はマイナス7%、「徳島県」はマイナス3%となった。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top