KDDIとウェザーニューズ、気象情報を活用した新サービス「ソラテナ」提供開始 | RBB TODAY

KDDIとウェザーニューズ、気象情報を活用した新サービス「ソラテナ」提供開始

 ウェザーニューズとKDDIは29日、au携帯電話およびauスマートフォン向け気象情報サービスの提供で協業することを発表した。気象情報にコミュニケーションの要素を組み込んだ新サービス「ソラテナ」を11月下旬より開始する。

エンタープライズ モバイルBIZ
「ソラテナ」サービスイメージ
  • 「ソラテナ」サービスイメージ
  • 「体温」「ジメジメ度」「テンション」といった体感的な指標表示も
  • 「ソラテナ」ロゴ
 ウェザーニューズとKDDIは29日、au携帯電話およびauスマートフォン向け気象情報サービスの提供で協業することを発表した。気象情報にコミュニケーションの要素を組み込んだ新サービス「ソラテナ」を11月下旬より開始する。

 まずこの協業にあわせ、全国約3,000局のau携帯電話向け基地局に気象観測設備を設置。収集した精度の高い気象データは、協業サイトをはじめ、KDDIが提供する各コンテンツサービスやウェザーニューズが企業向けに行っているコンテンツサービス事業において利活用される。気象観測設備においてはロームおよび、明星電気がセンサー開発に参加した。

 新サービス「ソラテナ」は、各地の基地局に設置された気象観測装置によって収集された気象情報を、コミュニケーション形式でユーザーと共有していくコンテンツ。各気象観測装置にキャラクターを持たせ、自らつぶやいたり、ユーザーと会話したりすることで、数値以上の付加価値を持たせるという。対応機種はEZweb対応機種(EZwebへの契約が必要)とIS01。月額利用料は無料。「ソラテナ」は、2010年11月下旬よりトライアルサービスとして提供を開始。これにともない、東京都近郊で約100局の基地局に気象観測設備を設置する。その後、観測設備の設置を3,000局まで拡大し、2011年4月に本格サービスとして提供を開始する予定。

 なお現在ウェザーニューズが提供中の、PC/au携帯電話/auスマートフォン向けコンテンツ「ウェザーニュース」は、今後協業サイトとして提供する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top