20~30代の女性が選んだ「自分に当てはまるキャラ」第1位は? | RBB TODAY

20~30代の女性が選んだ「自分に当てはまるキャラ」第1位は?

エンタメ 調査
現代女子の実態ランキング
  • 現代女子の実態ランキング
  • NHKのオムニバス形式のドラマ「祝女」
  • 「一年後」
  • 「チェックポイント」
  • 「早まった?」
 トレンダーズは28日、「現代女子の思考に関する意識調査」の結果を発表した。同調査はNHKのオムニバス形式の番組「祝女」シーズン2の放送開始に合わせて実施されたもので、各ストーリーに登場する女性キャラクターについて、「自分にも当てはまるもの」を選んでもらった。調査対象者は20~39歳の未婚女性107名。調査期間は9日~13日。

 20~30代の女性が選んだ、自分に当てはまるキャラの第1位は、ショートストーリー「一年後」に登場するキャラクターになぞらえた「社交辞令女子」(54.2%)だった。回答者の具体的なエピソードとしては、「似合っていない洋服やカバンを絶対に褒めてしまう」(38歳)、「彼の自慢をする友達に、”素敵だね”と思ってもいないことを口にしてしまった」(36歳)などが見られた。

 第2位は、「チェックポイント」に登場するキャラクターから連想される「婚活女子」(47.7%)。回答者のコメントとしては、「だんだん自分の周りに独身男性が減ってきたので、自分の恋愛対象になるかどうか気になってしまう」(35歳)、「かっこいい人ほど結婚指輪をしていますが、むしろその方が燃える」(27歳)などがあげられた。

 第3位は、「早まった?」のキャラクターになぞらえた「見抜けない女子」(36.4%)。これに対しても共感するコメントが集まった。「お金持ちだと思っていたら、細かい所までワリカンにするケチだった」(38歳)、「バリバリ仕事が出来てかっこいいと思ったのに、実は出会い系サイトにハマってるどうしようもない男だった」(28歳)など、今の彼氏の本性に戸惑う女性は多いようだ。

 第4位は、男性アイドルにハマってしまう、「アイドル熱中女子」(35.5%)。これについては「韓国人アイドルグループにハマり、韓国語を勉強。最終的には1年間韓国へ留学した」(28歳)などのコメントがあがった。

 第5位は、彼氏に貢いだことがある「ダメ彼女子」(26.2%)だった。「デートした際の食事代は、いつも自分が払っていた」(39歳)というあり得る話から、「無職の彼と生活して、バイクや軽自動車などを私のお金で買われ、総額1000万円以上貢いだ」(32歳)という驚くべきエピソードまで、様々な体験が寄せられた。

 「祝女」は女性の本音や本性をテーマにしたオムニバス形式のドラマ。1~3月に放映されたシーズン1には、タレントのYOUや女優の市川美和子、ともさかりえ、佐藤めぐみなどが出演していた。「祝女」のシーズン2は30日よりスタート。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top