オンキヨー、Windows 7とAtom搭載のマルチタッチタブレット……実売4万円台から | RBB TODAY

オンキヨー、Windows 7とAtom搭載のマルチタッチタブレット……実売4万円台から

IT・デジタル モバイル

「TW317A5」前面
  • 「TW317A5」前面
  • 「TW317A5」平置き
  • 「TW217A5」前面
  • 「TW217A5」平置き
  • 「TW117A4」前面
  • 「TW117A4」平置き
  • ソフトウェアキーボード/手書きパッドでの入力イメージ
  • ビデオチャットの画面イメージ
 オンキヨーは28日、OSにWindows 7を採用した11.6V型/10.1V型タッチパネル液晶搭載のスレートPC(タブレット)として「TWシリーズ」の3製品を発表。10月中旬から順次発売する。価格はオープン。

 3製品のラインアップと予想実売価格として、11.6V型液晶(1,366×768ピクセル)と32GB SSD、Atom N450(1.66GHz)搭載「TW317A5」は69,800円前後、10.1V型液晶(1,024×600ピクセル)と32GB SSD、Atom Z530(1.6GHz)搭載「TW217A5」は59,800円前後、10.1V型液晶(1,024×600ピクセル)と160GB HDD、Atom N450(1.66GHz)搭載「TW117A4」は49,800円前後。

 同製品は、同社初のタブレット。同社調べで9月28日現在、国内で発売・販売されているタッチパネルディスプレイ搭載タブレット型モバイル端末として国内メーカー初のWindows 7搭載モデルとなる。

 Windows 7 Home Premium 32ビット版の搭載により、対応するさまざまなアプリケーションを手軽に追加して利用できるほか、Wiondow 7のマルチタッチ機能に対応。2本指でズームや回転など直感的な操作が可能となっている。なお、マルチタッチ対応のホッケーゲームやパズルゲームなどアプリケーションパック「Touch Pack for windows 7」を搭載する。

 画面をタッチするソフトウェアのキーボード入力と、指で文字を描く手書きパッド入力の2つの入力方法をサポート。USB接続による外付けUSBキーボードやUSBマウスにも対応する。また、3軸加速度センサーを内蔵しており、本体の傾きに合わせて自動で画面を縦横に回転して表示する。

 IEEE802.11b/g/nの無線LANとBluetooth2.1+EDRのワイヤレス通信に対応。130万画素webカメラ(TW217A5は×2)やモノラルマイク/ステレオスピーカーを内蔵しており、インターネットの閲覧はもちろんチャットなども楽しめる。また、SD/SDHC/MMCカードスロット(TW317A5はさらにSHXC)や、USB2.0/HDMI(TW117A4は除く)/ディスプレイ出力などを搭載し、外部機器との多様な接続に対応する。

 PC機能として、CPUにAtomを採用するほか、1GBのメモリ、CPU内蔵のグラフィックス・メディア・アクセラレーターを搭載。バッテリはリチウムイオン充電池で、連続駆動時間は、TW317A5が約5時間、TW217A5が約6.4時間、TW117A4が約3.8時間となっている。

 おもな仕様として、TW317A5はハイビジョン動画再生支援機能「Broadcom BCM700 15」を搭載。本体サイズは幅295×高さ195×奥行き14mm(突起物含まず)、重さは約1kg。TW217A5は、本体サイズが幅274×高さ173×奥行き18.5mm(突起物含まず)、重さは約850g。TW117A4はLANポートを搭載。本体サイズが幅263×高さ168×奥行き18.5mm(突起物含まず)、重さは約990g。
《加藤》

関連ニュース

特集

page top