ソニー、BDレコーダーの一部製品に不具合……まれに発煙の可能性 | RBB TODAY

ソニー、BDレコーダーの一部製品に不具合……まれに発煙の可能性

IT・デジタル レコーダー
対象製品のひとつ「BDZ-L95」
  • 対象製品のひとつ「BDZ-L95」
  • 対象製品の確認方法
  • 「BDZ-L55」
  • 「BDZ-A750」
  • 「BDZ-A950」
  • 「BDZ-T55」
  • 「BDZ-T75」
 ソニーは16日、2008年9月から2009年4月にかけて発売したBlu-rayディスクレコーダー6機種の不具合を発表。対象製品の無償修理を行なうとした。

 今回の不具合は、まれにHDD用電源ケーブルのコネクタ不良により、製品が動作しなくなるというもの。また、この不良発生時において、まれに微量の発煙・異臭を伴うことが確認されているという。ただし、周囲への損傷に至ることはないとしている。

 対象となる製品は、2008年9月発売の「BDZ-L95」「BDZ-L55」、2008年10月発売の「BDZ-T75」「BDZ-T55」、2009年4月発売の「BDZ-A950」「BDZ-A750」。起動時に発生する症状として、「本体の表示部に『SYSTEM ERROR』と表示され起動しない」、使用中に発生する症状として、「映像が停止し、製品の動作が止まる。その後、画面が消える」が報告されているという。なお、「BDZ-L95」は2009年2月の段階でもHDDの不具合が報告されている。

 また、今回の不具合とは異なる原因でも同様の症状と故障に至る場合がある。その際は、ソニー側にて原因を確認し、今回の件と異なる原因と判明した場合には、無料修理規定に基づき判断するとした。

 対応窓口は以下のとおり。

「ソニービデオ受付センター」
電話:0120-377-800(フリーダイヤル、携帯電話・PHSからも利用可)
受付時間:9時~18時(月曜~金曜)、9時~17時(土日祝日)
《小口》

関連ニュース

特集

page top