カメラ上級者はココを気にする、ミラーレスと一眼レフのメリット・デメリット | RBB TODAY

カメラ上級者はココを気にする、ミラーレスと一眼レフのメリット・デメリット

IT・デジタル デジカメ

一眼レフカメラの利点は何だと思いますか?
  • 一眼レフカメラの利点は何だと思いますか?
 一昔前までは主に男性の趣味であった一眼レフカメラでの写真撮影だが、現在では女性ユーザーも増え、より一層の広がりを見せている。アイシェアが25日に発表した調査では、カメラ上級者を対象に一眼レフカメラと、光学式ファインダーを持たないミラーレス一眼カメラの使い勝手を尋ねている。対象者は一眼レフカメラの利用経験年数が3年以上あり、ミラーレス一眼カメラのスペックなどを知っている30代以上のカメラユーザー1,144名。調査期間は13日~17日。

 まずミラーレス一眼カメラの利点(複数回答)としては「小型軽量」(75.7%)が最も多く、「一眼レフカメラよりも安価」(39.1%)、「ミラーショックがない」(30.2%)などが続いた。一方欠点は「レンズの種類が乏しい」(39.2%)、「オートフォーカス速度が遅い」(30.1%)、「精密なマニュアルフォーカスが難しい」(28.9%)、「ファインダーにタイムラグがある」(25.3%)が上位に入っている。軽くて小さく一眼レフカメラよりも安いが、レンズの種類が少ない。またファインダーのタイムラグやフォーカスの速度や精度についても難点があると思われている。

 一眼レフカメラの利点は「レンズの種類が豊富」(79.7%)が最多。「光学ファインダーなので瞬間を捉えやすい」(49.2%)、「シャッターの感触が気持ちいい」(40.9%)「過去のレンズ資産を流用しやすい」(38.1%)がそれに続いた。欠点は「本体が大きく重い」(74.1%)、「価格が高い」(55.2%)が上位となった。

 両者に対する意見をまとめると、軽くて安価なカメラを求めるならミラーレス一眼カメラ。レンズの種類、フォーカス速度・精度などの機能・性能を追求するなら一眼レフカメラといったところだろうか。用途別に考えると、手軽にスナップ写真を撮りたい時はミラーレス一眼カメラ、しっかりとキレイな写真を残したい時は一眼レフカメラと言うことができるのかもしれない。

 さらにミラーレス一眼カメラを現在所有している、または所有したことがある209名に、ミラーレス一眼カメラに対して所有前どのような期待をしていたか(複数回答)を尋ねると、1位は「小型軽量」(61.7%)、続いて「操作が簡単」(42.6%)、「一眼レフカメラよりも安価」(34.4%)と機能面以外の部分を期待していたという声が多かった。また期待していたこれらの項目に対して満足度の点数をつけてもらったところ、64.1%が「80点」と回答し、概ね好評価を得ていることがうかがえる。一方ミラーレス一眼カメラのがっかりした点としては「オートフォーカス速度が遅い」(30.1%)、「レンズの種類が乏しい」(28.7%)、「バッテリーの消費が早い」(25.8%)などが挙げられ、主に機能面で物足りなさを感じているユーザーが多いことが分かった。

 またミラーレス一眼カメラ、一眼レフカメラを問わず、カメラ購入時に重視すること(複数回答)を訊いたところ、「機能・性能」(89.1%)がトップで、「レンズ」「価格」(69.9%)、「ブランド・メーカー」(48.3%)となった。今回のアンケート結果から軽さや価格面ではミラーレス一眼が優勢だったが、カメラユーザーが最も重視している機能・性能、レンズなど撮影精度に関する視点では一眼レフカメラに軍配が上がった結果と言える。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top