EMCジャパン、重複除外バックアップ・ストレージ「Data Domain DD670」を販売開始 | RBB TODAY

EMCジャパン、重複除外バックアップ・ストレージ「Data Domain DD670」を販売開始

エンタープライズ ハードウェア

EMC Data Domain DD670
  • EMC Data Domain DD670
  • DD600シリーズの仕様
 EMCジャパンは19日、コスト・パフォーマンスを向上させた中小規模企業向け重複除外バックアップ・ストレージ「EMC Data Domain DD670」の販売を開始した。

 Data Domain重複除外バックアップ・ストレージは、高速の重複除外処理をCPUとメモリ上で行うことによって、システムの高いパフォーマンスを提供するもの。「DD670」は、重複除外の高速処理を実現する高性能プロセッサーによって、従来製品「DD660」と比べ2倍のパフォーマンスを発揮するとのこと。また重複除外を分散処理させるソフトウェア「EMC Data Domain Boost」を使用することで、最高5.4TB/時という従来製品の2倍のデータ転送速度を実現した。これらのパフォーマンス向上により、「DD140」や「DD610」などの比較的小規模なData Domainアプライアンスを使用しているリモート・オフィスからのレプリケーションとして、1つの「DD670」システムで最大90か所からの複製データを長期保存でき、バックアップやアーカイブ用途の他、災害復旧サイトとしても機能することも可能。

 2TB(テラバイト)のディスク・ドライブを搭載したさらに、容量拡張オプション「ES20-32TB」を追加することで、ストレージ容量も2倍に増加し、これまで以上に高速なバックアップが可能になっている。「ES20-32TB」は、シェルフあたりのストレージ密度が従来の2倍に向上し、消費電力や設置面積が削減可能。「DD670」に「ES20-32TB」を追加したシステムは、論理容量として最大2.7 PB(ペタバイト)をサポートする。

 今回の発表にともない、「DD670」「DD880」、および「DD GDA」に対応する8Gbファイバ・チャンネル、ならびにフェイルオーバー対応の10Gbイーサネット接続オプションも追加される。Data Domain DD670の販売価格は23,200,000円~(最小構成、税込)。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top