大きな花火もいいけれど……恋人と2人でしたい花火1位は? | RBB TODAY

大きな花火もいいけれど……恋人と2人でしたい花火1位は?

エンタメ 調査

恋人と2人でするならやっぱり線香花火。すぐ終わる儚さがいい!?
  • 恋人と2人でするならやっぱり線香花火。すぐ終わる儚さがいい!?
 夏の風物詩である花火。恋人と花火大会を見に行くのもいいが、恋人と2人でささやかに行うのもひとつの楽しみ方だ。アイシェアが恋人としたい花火に関する意識調査を実施。20代から40代の男女437名の回答を集計した。

 今年に入って「花火をした」人は全体の6.9%。しかし、これから花火を『したい』としたのは「とてもしたい(12.1%)」「機会があればしたい(58.4%)」の合計70.5%。女性は75.5%が『したい』としており、男性(66.1%)を9.4ポイントも上回った。

 最も好きな花火は何か聞いたところ、1位は「線香花火」で全体の29.5%、2位は「手持ち花火(線香花火以外)」で23.6%と、手に持って楽しむものが上位となった。以下、「打上げ花火(8.7%)」「噴出し花火(7.8%)」「ロケット花火(5.7%)」「仕掛け花火(パラシュートなど)(5.3%)」の順だった。

 では、恋人と最もしたい花火は何だろうか。既婚者には独身だと仮定して答えてもらったところ、「線香花火」が全体の35.2%を占めて1位に。2位は「手持ち花火」で24.0%。以降は「打上げ花火(5.0%)」「噴出し花火(4.1%)」「仕掛け花火(2.7%)」「ロケット花火(1.6%)」の順で続いた。

 「線香花火」とした人の理由では「ゆっくりできるから」「ロマンチックなので」「二人の距離が近くなるから」といった回答が複数。「手持ち花火」では「種類がいろいろあって楽しいから」「あまり派手でなくちょうどいいから」などの意見が見られた。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top