東芝、HDDを取り外すだけでデータを無効化――「忘れ去るHDD」技術を開発 | RBB TODAY

東芝、HDDを取り外すだけでデータを無効化――「忘れ去るHDD」技術を開発

IT・デジタル 周辺機器

ニュースリリースページ
  • ニュースリリースページ
  • HDD内データ無効化技術
 東芝は10日、HDDの新たな情報漏えい防止技術として、HDDを取り外したときなどに記録データを自動で瞬時に無効化する新技術の開発を発表した。

 今回開発したのは、PCやOA機器などに搭載されているHDDが盗難などで取り外されたり電源供給が断たれたりした場合、HDD内に記録された暗号化データを解読するための「暗号鍵」データを自動で消去し、記録データを瞬時に解読不能にする技術。HDD内の記憶領域を複数に分割することで、「電源オフ時にデータを無効化する」「電源オフでもデータは無効化せず暗号化状態で保護する」といった設定をそれぞれの領域に行なえ、より高度で各機器に適したセキュリティ設定が可能となる。

 この新技術により、搭載機器やユーザーからの指示がなくてもHDDに保存されたデータを自動で無効化することが可能。データの無効化に指示が必要だった従来の暗号化機能搭載HDDに比べ、盗難などによる情報漏えいをより強力に防止できるほか、リース期間終了時や廃却時におけるHDDのデータ消去作業がより迅速になるという。

 なお同社は、この新技術をはじめとする暗号化技術を応用したデータ無効化技術を「忘れ去るHDD」技術と総称し、よりユーザーのニーズにあわせた情報セキュリティ技術や機能を提供するとした。
《》

関連ニュース

特集

page top