KCCS、自動分析でおすすめTwitterユーザを紹介する「TwitLooper(β版)」実験サービス開始 | RBB TODAY

KCCS、自動分析でおすすめTwitterユーザを紹介する「TwitLooper(β版)」実験サービス開始

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

「TwitLooper」iPhone版
  • 「TwitLooper」iPhone版
  • 「TwitLooper」Android版
  • 実験サービス全体イメージ
  • 「TwitLooper」サイト(画像)
 京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は3日、iPhoneおよびAndroid向けのTwitterクライアント「TwitLooper(β版)(ツイットルーパー)」を無料で公開、利用者ごとに個人の趣味・嗜好に近いユーザーを「おすすめ」として紹介する実験サービスを開始した。

 「TwitLooper」は、Twitterにおけるユーザの趣味・嗜好を学習・分析し、ユーザニーズに沿った情報を提供するiPhone・Android向けのTwitterクライアント。TwitLooperを利用することで、ユーザは匿名性を確保しながら、「フォロー」、ツイートの転載(リツイート、RT)、お気に入り登録などの行動履歴を基に、個人の趣味・嗜好に近いユーザやツイートを「おすすめ」として自動選別できる。今回公開されたクライアントは、今後ユーザの声を反映させながら継続的にバージョンアップされる予定。なお、今回の実験サービスではツイートのおすすめは実施されない予定だ。

 KCCSでは個人の趣味・嗜好や状況(時間、場所、目的など)に応じた有益な情報の提供を可能とする新たなモバイルサービスの実現を目指しており、今回の実験サービスはその一環となる。今後の実証実験を通して得られたデータを基に、行動ターゲティング技術を発展させ、今後の新たなモバイルサービス提供へと活用する計画とのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top