NTT Com、シンガポールおよびベトナムにプレミアムデータセンターを建設 | RBB TODAY

NTT Com、シンガポールおよびベトナムにプレミアムデータセンターを建設

 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は22日、ICTソリューション事業強化の一環として、2010年度第3四半期にシンガポールおよびベトナムでプレミアムデータセンターの建設を開始することを発表した。

エンタープライズ ハードウェア
新設データセンター スぺック一覧
  • 新設データセンター スぺック一覧
  • 「データセンター間コネクティビティサービス」概要
  • 「データセンター間コネクティビティサービス」展開図
 NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は22日、ICTソリューション事業強化の一環として、2010年度第3四半期にシンガポールおよびベトナムでプレミアムデータセンターの建設を開始することを発表した。

 シンガポールは、香港とならぶアジア地域のIT・経済活動の中核であり、IT企業や金融機関などが集中している。それら企業では24時間365日業務を継続するだけでなく、非常に高スペックな通信インフラが求められており、NTT Comでは、アジアの中核データセンターとして提供している「香港 タイポ データセンター」に加えて、新たにシンガポールにて中核となるプレミアムデータセンターを建設する。新データセンター「シンガポール セラングーン データセンター」は、NTT Comグループのグローバルデータセンター設備調達、品質管理を実施しているNTT国際通信を通して建設し、2011年度第4四半期のサービス提供開始を予定。データセンター専用ビルとして、商用電源、空調、UPS (無停電電源装置)、発電機、配電ルートなどを完全冗長化することにより停電などの障害発生に備える他、防火・防水などの予防対策も施す。

 また、昨今企業進出が著しい新興国ベトナムでも、首都ハノイにてサービス提供を開始した「ハノイ タンロン データセンター」に続いて、ベトナム最大人口を有する都市ホーチミンシティに高品質のデータセンターを建設する。NTT Comとベトナム最大の通信会社VNPTグループにて、国際品質のデータセンター運営を目的に設立したグローバルデータサービス社(GDS)が、新たに「ホーチミンシティ データセンター」の設計・建設を実施する。ホーチミン市内中心部に位置し、サービスの提供開始は2011年度第2四半期を予定。

 NTT Comの提供するプレミアムデータセンターは今回建設する2つのデータセンターも含め、すべてNTT Comグループで定めた高品質・高信頼で世界最高水準のグローバル統一品質基準書を満たしているという。この基準書は、TIA(米国電気通信工業会)、TUI(The Uptime Institute Inc,)およびASHRAE(米国暖房冷凍空調学会)などの世界基準を考慮し、設備面とサービス面を定義したもの。適宜改定されており、現在約360の基準項目にて、さらなる品質の向上に取り組んでいる。

 さらに、シンガポール・香港・日本・アメリカの中核データセンター間をあらかじめ高速・大容量バックボーンで接続し、それを利用して法人企業へ短納期で大容量の回線を提供する「データセンター間コネクティビティサービス」の提供も開始する。これまで国内の首都圏データセンター間を高速回線で接続し提供している「首都圏マルチデータセンター」を、海外データセンターを含めた接続へ拡大する。品質を重視した帯域保証型(個別見積もり)と、コスト削減を意識したグローバル統一価格のベストエフォート型の2タイプを用意する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top