新世代「HP ProLiant サーバー Generation7」のラインアップを拡大 | RBB TODAY

新世代「HP ProLiant サーバー Generation7」のラインアップを拡大

 日本ヒューレット・パッカードは8日、x86サーバ「HP ProLiant」の新世代機「Generation 7」のラインアップを拡大すると発表した。あわせて、HP ProLiantサーバ向けとなるPCI Express接続対応の高速半導体ストレージ「HP PCIe IOアクセラレータ」も発表した。

エンタープライズ ハードウェア
HP ProLiant DL580 Generation 7
  • HP ProLiant DL580 Generation 7
  • HP ProLiant DL585 Generation 7
  • HP ProLiant DL980 Generation 7
 日本ヒューレット・パッカードは8日、x86サーバ「HP ProLiant」の新世代機「Generation 7」のラインアップを拡大すると発表した。あわせて、HP ProLiantサーバ向けとなるPCI Express接続対応の高速半導体ストレージ「HP PCIe IOアクセラレータ」も発表した。

 発表されたのは、最新インテルXeonプロセッサー7500番台搭載の4ソケットモデル「HP ProLiant DL580 G7(DL580 G7)」、8ソケットモデル「HP ProLiant DL980 G7(DL980 G7)」、および12コアの最新AMD Opteron6100シリーズ搭載の4ソケットモデル「HP ProLiant DL585 G7(DL585 G7)」の3モデル。「信頼性」「拡張性」「効率性」にフォーカスし、HP独自の先進的機能を備えたラックマウント型のスケールアップサーバとなっている。とくに、高速化・大規模化および高いコスト効率が求められるハイパフォーマンス・コンピューティング(HPC)分野に向けた製品とのこと。8月下旬以降、順次出荷開始となる。

 3モデルすべてで、リモート管理ツールの最新版「iLO 3」を搭載するとともに、大量の内部温度センサーによってシステム冷却を最適化し、省電力化を図る「Sea of Sensor」、高効率・共通スロットのパワーサプライ、消費電力の上限を固定する「動的消費電力上限 (HP Dynamic Power Capping)」など、HP ProLiant独自の省電力機能に対応した。

 同時に発表された「HP PCIe IOアクセラレータ」は、ラックマウント型HP ProLiantサーバ向けのカードタイプの高速半導体ストレージ。NAND型フラッシュメモリを使用するとともに、PCI Expressバス接続に対応することで、SAS/SATAインターフェイスのSSDよりも高速なデータ転送が可能。

 税込価格はHP ProLiant DL580 G7が1,210,650円~、HP ProLiant DL980 G7が2,500,000円(予定価格)~、HP ProLiant DL585 G7が1,103,550円~、HP PCIe IOアクセラレータが832,650円~。受注開始日は「DL980 G7」を除きすべて7月15日から。「DL980 G7」は9月上旬予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top