“ゲリラ雷雨”は昨年より3割程度多くなる!――ウェザーニューズ | RBB TODAY

“ゲリラ雷雨”は昨年より3割程度多くなる!――ウェザーニューズ

 ウェザーニューズは7日、7月~9月における“ゲリラ雷雨傾向”を発表した。

ブロードバンド その他
“ゲリラ雷雨”発生傾向
  • “ゲリラ雷雨”発生傾向
  • 15都道府県における“ゲリラ雷雨”発生傾向
 ウェザーニューズは7日、7月~9月における“ゲリラ雷雨傾向”を発表した。

 同社では、“ゲリラ雷雨”について、大気の状態が不安定なときに局地的な加熱や地上風の収束などによって上昇気流が形成され、そこで積乱雲が急発達することによって発生すると説明。

 今年は太平洋高気圧の勢力は平年並みに強い見込みで、7月から強まり8月にピークをむかえ、8月の下旬から9月は段々と弱まってくる見込みとしている。上空の寒気は7月と8月下旬に入ってくるため、7月は寒気と高気圧周辺の湿った風の影響で、山沿いほど雷雨が多くなる予想。8月上旬~中旬は大気の状態は安定する見込みで、“ゲリラ雷雨”の発生は少なくなりそうだが、8月下旬には再び寒気が入って不安定になり、全国的に“ゲリラ雷雨”が多くなる予想だ。昨年に比べ、8月下旬を中心に3割程度多くなると見ている。

 なお、同サイトでは15都道府県における“ゲリラ雷雨”発生回数予想が掲載されているが、それによると7月~9月で最も多いのは北海道の540回程度で、続いて静岡県の500回、広島県の480回程度などとなっている。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top