テクニック不要、直感操作で楽しめる簡易LEDシンセサイザー | RBB TODAY

テクニック不要、直感操作で楽しめる簡易LEDシンセサイザー

IT・デジタル 周辺機器

「BLIPTRONIC5000(ブリトロ五千)」
  • 「BLIPTRONIC5000(ブリトロ五千)」
  • 各部の詳細
  • 接続して楽しむイメージ
 ストラップヤネクストが30日から国内販売を開始した「BLIPTRONIC5000(ブリトロ五千)」。米国ThinkGeek製の簡易なLEDシンセサイザーだ。価格は5,000円。販売はにぎわい商店が請け負う。

 幅15×高さ3×奥行き15cmのコンパクトサイズで、楽器習熟に必要なテクニックは不要。「誰でも簡単に音楽を楽しめる。たださわる、何も考えずにただ、さわる」というコンセプトで、卓上に並んだ縦8×横8、合計64個のボタンをランダムに押していくだけで音が鳴り出す“オモシロ楽器”となっている。音に合わせ、一定間隔でLEDが点滅する仕掛けだ。

 縦ボタンは「下のド」~「上のド」までの1オクターブ、横ボタンは8拍までの拍数を表わす。テンポや音色は本体のツマミで柔軟に調整可能。ただし、音色はFM音源を採用した8種類をプリセット済みで、テンポは約60~180BPMまで20BPM刻みでの調節となる。

 紹介動画を参照すると、プリセットされた音色はレトロな味わい。点滅するLEDランプとあいまって、チープさを醸しだすものの、単なるオモチャではなく、「1つの楽器」としてきちんと成立している印象を受ける。また、付属のコードを利用してシンセの数珠つなぎが可能となっており、それぞれに任意の音を入れて簡単なジャムセッションを楽しむこともできるという。

 バッテリは単3形乾電池×4、スピーカーは内蔵。ライン端子、ヘッドホン端子を備えるが、外部出力の際にはステレオミニプラグの使用が必須となっている。


《小口》

関連ニュース

特集

page top