さくらインターネット、クラウドコンピューティングに特化した大規模データセンターを北海道石狩市に建設 | RBB TODAY

さくらインターネット、クラウドコンピューティングに特化した大規模データセンターを北海道石狩市に建設

エンタープライズ 企業

外観図(1期棟:500ラック)
  • 外観図(1期棟:500ラック)
  • 全体図(最終8棟:合計4,000ラック)
  • 建築計画概要
 さくらインターネットは21日、クラウドコンピューティングに最適化した郊外型大規模データセンターを北海道石狩市に建設すると発表した。竣工時期は2011年秋の予定。

 さくらインターネットでは「日本においてはクラウドに最適化されたデータセンターが存在しない事実を大きなビジネスチャンスと判断した」としており、国内最大級の郊外型大規模データセンターを、外気を活用可能な寒冷地である北海道石狩市に建設することにしたとしている。地上2階建・鉄骨造で、延床面積は6,325平米(1期棟)、最大8棟まで増築可能な建物となる。ラック数は500ラック(1期棟)、最大4,000ラックまで増設可能となる予定。

 東京23区内にデータセンターを作った場合と比較して、今回の石狩モデルのコストは半分以下となることを想定。東京ドームの約1.1倍という広大な敷地を活かし、スケールメリットと柔軟性の高いデータセンターを実現するという。また、建物を分棟式とすることにより、当初から大規模な建物を建設する必要がなく、そのときの最新のテクノロジーで順次追加していくことが可能。同社オリジナルサーバ(1ラックに160台搭載可能)を利用した場合、最終的には60万台以上のサーバが稼働する計算となるとのこと。データセンターのエネルギー効率の指標であるPUEは、北海道の低温外気を活用することにより、通年外気冷房のみで1.11、夏季に従来型の空調運転をおこなった場合でも1.21を実現できる見込みだ。さらに外気冷房によるエネルギー効率の向上に加え、サーバからの排熱を有効利用して事務室の暖房へ活用するなど、さまざまな形で環境への配慮をおこなっていく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top