7世紀の新羅を舞台に朝鮮半島初の女帝の数奇な半生を描いた「善徳女王」 | RBB TODAY

7世紀の新羅を舞台に朝鮮半島初の女帝の数奇な半生を描いた「善徳女王」

エンタメ 映画・ドラマ

コ・ヒョンジョンの悪女ぶりがまた涙を誘う
  • コ・ヒョンジョンの悪女ぶりがまた涙を誘う
 2009年に大ヒット、朝鮮半島初の女帝の数奇な半生を描いた韓国ドラマ「善徳女王」を、ShowTimeの韓国ブロードバンドチャンネル「KoreanTime」で配信開始した。

 「善徳女王」は、2009年に韓国MBCで放映された全62話のドラマで、同年のNo.1ヒットとなった歴史エンターテインメント大作。「チャングムの誓い」のキム・ヨンヒョン脚本、「朱蒙」のキム・グンホン演出というスタッフと、総制作費250億ウォンという壮大なスケールで、謎多き朝鮮初の女帝、新羅第27代・善徳女王の波乱に満ちた数奇な半生を描く。

 舞台は7世紀の新羅。後宮を牛耳るミシルは、色香と策略で歴代の王たちを操ってきた。しかし真平王だけは思い通りにならない。真平王の正妃は双子を出産するが、「双子は王族の男子を絶やす」という言い伝えがあり、双子の妹のトンマン(後の善徳女王)が新羅を出た。自分の出生を知らないトンマンは、やがて姉のチョンミョンに出会う。その頃、宮廷ではミシルが横暴を極めていた……。

 トンマンに、「BAD LOVE ~愛に溺れて~」のイ・ヨウォン、悪女ミシルに、「キツネちゃん、何しているの?」「春の日」のコ・ヒョンジョン、美男武装集団・花郎(ファラン)の名将キム・ユシンに「魔王」「復活」のオム・テウンと豪華キャストが競演している。

 第1話は無料で、第2話は会員見放題、第3話以降は1話210円/3日間となっている。ShowTimeでは、まず第8話までの配信を開始し、順次追加していく予定だ。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top