レノボ、マルチメディア対応をうたうリーズナブルなノートPCなど2モデル | RBB TODAY

レノボ、マルチメディア対応をうたうリーズナブルなノートPCなど2モデル

IT・デジタル ノートPC

IdeaPad Z560
  • IdeaPad Z560
  • IdeaPad Z560(背面)
  • IdeaPad U160
  • IdeaPad U160(背面)
 レノボ・ジャパンは、ノートPCの新製品として、15.6V型の「IdeaPad Z560」、11.6V型の「IdeaPad U160」を発表。IdeaPad Z560は6月25日から、IdeaPad U160は7月上旬に発売する。価格はオープンで、予想実売価格はIdeaPad Z560が90,000円台から、IdeaPad U160が70,000円台から。

 IdeaPad Z560は、マルチメディア環境への対応と手ごろな価格の両立をうたう最新「Zシリーズ」の第一弾モデル。CPUはインテルの「Core i5-450M」(2.4GHz)や「Core i3-350M」(2.26GHz)が選択可能。さらに、高い音響効果を持つという「Dolby Advanced Audio」を備えるほか、光学ドライブはDVDスーパーマルチからBlu-rayコンボドライブへの変更も可能。さまざまなエンターテイメントが楽しめるという。

 メモリは最大8GBまで搭載可能、HDDは500GB、ディスプレイは1,366×768ピクセルの15.6V型液晶、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。メモリカードスロット、USB2.0×3などのインターフェイスや、Bluetooth機能、130万画素webカメラなどの機能を装備。そのほか、Office Personal 2010搭載モデルもラインアップする。バッテリ駆動時間は、標準6セルバッテリで約4時間。本体サイズは幅376.8×高さ17.3~34.9mm×奥行き249.8、重さは約2.6kg。

 IdeaPad U160は、インテルの超低電圧版CPU「Pentium U5400」(1.2GHz)を採用し、バッテリ駆動時間を約7時間としたCULVノート。軽量・薄型の本体には、赤を基調とした天板デザインを採用している。

 メモリは最大4GBまで搭載可能、HDDは500GB、ディスプレイは1,366×768ピクセルの11.6V型液晶、OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版。メモリカードスロット、USB2.0×3などのインターフェイスや、Bluetooth機能、130万画素webカメラなどの機能を装備。そのほか、Office Personal 2010搭載モデルやWiMAX搭載モデルもラインアップする。本体サイズは幅290×高さ22.5~33.5×奥行き193mmで、重さは約1.4kg。
《》

関連ニュース

特集

page top